メディア個別 アンガーマネジメント。子の怒りに親はどう対応する? | 育児に役立つアンガーマネジメント法 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

アンガーマネジメント。子の怒りに親はどう対応する?

育児に役立つアンガーマネジメント法
怒りというネガティブな感情をコントロールするスキル、アンガーマネジメント。コミュニケーション能力や、マネジメント力をつけるために、子どもでも使いこなすことができたらよさそうだけど…。アンガーマネジメント・アドバイザーの嶋津良智さんに教えてもらった。

「うーん…基本的に子どもは相手の立場に立って物を考えることが苦手です。相手に合わせて自分を抑えているより勝手な行動をしているほうが、子どもにとっては健全かもしれません」(嶋津良智さん 以下同)

では例えば、5歳の子どもが友だちに玩具を取られて、相手を叩いてしまったとする。このときも怒りに任せても仕方ないこと?

「子どもが友だちに玩具を取られた場合、我慢せずに『それは私が遊んでいるから返して』と言うほうがいいです。怒りには健全なコントロールと不健全なコントロールがあります。子どもにとって不健全なのは、怒りを我慢してしまうパターンです。正しい怒りは表に出すことが大切です」

おもちゃを取り合う子ども

●親は子が気持ちを伝えるアンガーマネジメント上のサポートをすること

では友だちとケンカをするなどして腹を立てた自分の子どもが、相手を叩くなどのトラブルを起こした場合、親はどうやって叱ったらいい?

「子どもにとって怒るようなことがあっても、叩くことは暴力なので教育上望ましくないことです。相手の立場になって考えることが苦手な子どもには、言って聞かせるより体感させたほうが説得力を持つこともあります。『ママが同じようにあなたを叩くから、どう感じたか教えて』と、軽くで構わないので、同じことを体験させましょう」

同じことをして、どう感じたかを聞いてあげることで、いけないことなのだと子どもが気づくこともできる。

「その後、嫌なことがあっても相手を叩いたり、泣きわめいたり、我慢したりせず、相手に伝えたいことは言葉で伝えるのだと、怒りの正しい伝え方も教えてあげます。相手の子どもに『うちの子が話したいことがあるから、聞いてもらってもいい?』と、手伝ってもいいでしょう」

ここでの親の役割は、サポートしてあげること。子どもの問題は自分で解決させないと、成長のタイミングを奪ってしまう。親が相手の子どもに話したりしないように気を付けよう。

子どもにとって怒りの感情が引き出されるようなトラブルは、解決能力を身につけるチャンス。子どもの気持ちを察してあげながら、影からサポートしつつ見守ってあげよう。
(ノオト+石水典子)

お話をお聞きした人

嶋津良智
子育ての怒らない技術イラオコダイエット
アンガーマネジメント・アドバイザー。不要なイライラや怒りを改善する術を伝授。国内、海外で講演・企業研修・コンサルティングを行い、メディアにも多数出演。
アンガーマネジメント・アドバイザー。不要なイライラや怒りを改善する術を伝授。国内、海外で講演・企業研修・コンサルティングを行い、メディアにも多数出演。
ハピニコマスター★ヨンヨンの7日間イラオコダイエット
ハピニコマスター★ヨンヨンの7日間イラオコダイエット
EVO出版
999円
育児中のイライラをコントロールするための方法をレクチャー。不要なイライラを減らす7日間のチャレンジメソッドと、育児中にカチンとなりがちなシーンを例に具体的な実践方法を伝える解決編の2部構成。子どもとの毎日をハッピーに過ごすための怒らない技術が満載。
育児中のイライラをコントロールするための方法をレクチャー。不要なイライラを減らす7日間のチャレンジメソッドと、育児中にカチンとなりがちなシーンを例に具体的な実践方法を伝える解決編の2部構成。子どもとの毎日をハッピーに過ごすための怒らない技術が満載。
子どもが変わる 怒らない子育て
子どもが変わる 怒らない子育て
フォレスト出版
972円
子育ての怒りがちな場面で出てくる、怒りの元となるイライラをコントロールするための方法を伝授。実際に困った体験をママから集め、リアルな声をたくさん盛り込みつつ、具体案を掲載した、すぐにでも育児に取り入れられる1冊。
子育ての怒りがちな場面で出てくる、怒りの元となるイライラをコントロールするための方法を伝授。実際に困った体験をママから集め、リアルな声をたくさん盛り込みつつ、具体案を掲載した、すぐにでも育児に取り入れられる1冊。
怒らない技術
怒らない技術
フォレスト出版
972円
自ら経営する会社を株式上場に導き、その後シンガポールを拠点に教育者となった著者の夢を叶えたポイントは、「怒らない」と決めたことだった。イライラしないための習慣を身に付けるためのスキルを、元・超短気の著者が自身の経験をもとに紹介。
自ら経営する会社を株式上場に導き、その後シンガポールを拠点に教育者となった著者の夢を叶えたポイントは、「怒らない」と決めたことだった。イライラしないための習慣を身に付けるためのスキルを、元・超短気の著者が自身の経験をもとに紹介。

あなたにおすすめ