メディア個別 川で遊ぶときに注意したいポイントは? | 夏レジャー!気をつけたいポイントとは? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
子供と夏レジャー! 

川で遊ぶときに注意したいポイントは?
~夏レジャー!気をつけたいポイントとは?~

夏になると毎年、河川敷でキャンプやBBQをするという人もいるでしょう。でも実は河川敷は、海以上に子どもの水難事故が発生しやすい場所です。警察庁が発表している平成24年の水難事故概況を見ても、子どもの水難事故のうち半数以上が河川で起きているという結果に。河川で遊ぶ際に気をつけたいことをしっかりと確認しておきましょう!

河川で遊ぶときに気をつけたいポイントは?
 

どうして河川での事故が多い?

河川で事故が発生しやすい大きな理由は、ライフセーバーや監視員がいる海やプールに対して、河川では自分たちの判断のみが頼りということ。監視が行き渡っていなかったり、とっさの判断ができなかったりといったことが水難事故につながるのです。また、泳ぐことよりも、主に水遊びや釣り目的で訪れるので、服を着ている人が多く、身動きが取れなかったり、救助に時間がかかったりするのも事故の発生率を上げています。
河川で遊ぶときに気をつけたいポイントは?
 

油断が事故を生む!

事故を防ぐためには、子どもから目を離さないことが何より重要です。「声が聞こえるから」「顔を向ければすぐ視界に入るから」と目を離しているほんの1、2分のうちに事故に巻き込まれてしまうのです。河川でのレジャーはお友達家族や親戚と一緒など大人数の場合が多いため、誰かが見ているだろうといった油断が起きやすいこともあります。交代制で構わないので、常に子どもに注意を向けている人を決めましょう。また、ライフジャケットを着用したり、救助用の浮き輪を用意したりするなどしておくと、いざというときにも安心です。川べりで釣りをしていて、足を滑らせて川に落ち溺死してしまうケースも多発しています。備えあれば憂いなしということをお忘れなく!
河川で遊ぶときに気をつけたいポイントは?
 
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP