メディア個別 アレック・ボールドウィン、イルカショーを非難! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

アレック・ボールドウィン、イルカショーを非難!

第195回 海外スターの最新ニュース

アレック・ボールドウィンがイルカショーを非難している。アレックはPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)と協力して、イルカなどの生物をエンターテイメントのために利用しないようシーワールドに求めている。

ETカナダによると、12日(水)にシーワールド側とオンラインによる話し合いが持たれるようで、アレックはその場で、「いつになったらシーワールドは、トレーナーが(イルカなどの)顔や背中にサーフボードのように乗るサーカスショーを止めるのか?」と質問を投げかけるようだ。

またPETAのトレーシー・レイマン氏は声明の中でこうコメントしている。「賢さや繊細さを兼ね揃えたイルカがシーワールドのショーでサーフボードのように使われていることを容認することはできません。PETAとボールドウィン氏は、これらの生物の背中や顔からトレーナーが足をどかすことをシーワールドに要望します」

そんなキャンペーンが実を結んだのか、先日カナダではイルカやクジラの捕獲が禁止されていた。

一方で、アレックは今年4月に国連を訪問し、気候変動への対策を呼び掛けていた。先住民問題に関する常設フォーラムの会議で、森林保護問題に関するパネリストとして登壇したアレックは、地球温暖化に取り組むことに同意した2015年のパリでの会議で、いかにして環境保護に目覚めたのかスピーチしていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ