メディア個別 『真夜中のカーボーイ』のシルヴィア・マイルズが死去 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『真夜中のカーボーイ』のシルヴィア・マイルズが死去

第203回 海外スターの最新ニュース

『真夜中のカーボーイ』のシルヴィア・マイルズが死去した。94歳だった。

1975年作『さらば愛しき女よ』や1969年作『真夜中のカーボーイ』で2度のアカデミー助演女優賞にノミネートされたことがあるシルヴィアが12日(水)、マンハッタンで救急搬送中に息を引き取ったと代理人がニューヨーク・タイムズに明かした。

ダスティン・ホフマンやアンジェリーナ・ジョリーの父ジョン・ヴォイトらと共演した『真夜中のカーボーイ』では、ジョン演じるジョー・バックをアパートメントに誘う娼婦役をシルヴィアは演じ、僅か6分間ほどの出演にもかかわらず、アカデミー賞にノミネートを果たしていた。

また『さらば愛しき女よ』では、約8分間の出演で、ロバート・ミッチャム演じる探偵フィリップ・マーロウにバーボンと引き換えに情報を教える元エンターテイナーを演じて2度目のアカデミー賞にノミネートされた。

1924年生まれのシルヴィアは、1954年に舞台版『無頼の青春』でブロードウェイデビューを果たし、

『ザ・ディック・ヴァン・ダイク・ショー』のパイロット版では後にローズ・マリーが演じることになるサリー・ロジャース役を務めた。

あなたにおすすめ

ピックアップ