メディア個別 美容効果がたっぷり!「いちじく」を食べて内側からキレイに! | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

美容効果がたっぷり!「いちじく」を食べて内側からキレイに!

第29回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
不老不死の果物として、古くから民間療法にも利用されてきた「いちじく」。他のフルーツに比べると、食べる機会が少ないかもしれませんが、実は女性に嬉しい美容効果が沢山あると言われているんです!夏〜秋にかけて旬を迎えるいちじくの魅力をご紹介します。

不老不死の果物とも言われる「いちじく」の美容効果とは

聖書の中にも登場し、古くから人々に愛されてきたとされる「いちじく」。とても栄養価が高く、美容にも様々な効果があると言われていることをご存知でしょうか?甘くてとろりとした食感が特徴のいちじくですが、6〜7月と8〜10月の年に2回旬があるのだそう。

【栄養満点!「いちじく」の美容効果とは】
◎便秘改善効果
腸の働きを助ける作用のある「ペクチン」が豊富に含まれており、「水溶性食物繊維」も多く含まれるので、腸内環境を整える効果に期待でき、便秘改善効果があると言われています。

◎むくみ改善
「カリウム」が多く含まれ、体内の余分な水分や塩分を排出する働きがあるため、むくみの改善や予防に効果があるのだそう。

◎美肌効果
いちじくには「ザクロエラグ酸」「アントシアニン」などのポリフェノールが複数含まれており、ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内に溜まった活性酸素を取り除く働きがあるので、シミやシワを予防する効果があると言われています。

◎女性ホルモンの乱れを整える
「植物性エストロゲン」という女性ホルモンの「エストロゲン」に似た働きをする成分を、フルーツの中で唯一含んでおり、ホルモンの乱れを整える効果に期待できます。

美容効果がたっぷり!「いちじく」を食べて内側からキレイに!

嬉しい美容効果が!「いちじく」の取り入れ方

「いちじく」の主な食べ方としては、以下のようなものがあります。
■そのまま生で
■ドライいちじく
■ジャム
■お菓子作りに利用 など

【簡単に作れる!「自家製いちじくジャム」のレシピ】
生のいちじくは、あまり日持ちがしないのでジャムにして保存するという方法がオススメです。

<材料>(350ml程度)
・いちじく 400g
・砂糖 100g(お好みで調整)
・レモン果汁 大さじ1杯

<作り方>
1. あらかじめ、瓶を煮沸消毒しておく
2. いちじくの皮を剥き、1cm角に刻む
3. 鍋にいちじくとレモン果汁・砂糖を入れ、弱めの中火にかける
4. 沸騰したら弱火にし、優しくかき混ぜながら、3分の2程度になるまで煮詰める ※焦げないように注意!
5. 煮詰まったら火を止め、粗熱が取れたら瓶に移して完成

簡単に作れて、砂糖の量も加減できるので、ぜひ作ってみてください!

美容効果がたっぷり!「いちじく」を食べて内側からキレイに!

文・Erin
文・Erin
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ