メディア個別 青汁の味に飽きた方必見!青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

青汁の味に飽きた方必見!青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ

第54回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
ミネラルウォーターや牛乳に溶かして飲むだけで野菜不足を補ってくれる便利なアイテム、青汁。しかし、毎日飲み続けていると何となく飽きてしまうものですよね。そこで今回こちらでは、青汁パウダーを使ったアレンジレシピをご紹介します。

青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ 〜青汁入りグリーンカレー〜

自宅で作るのは難しいイメージがあるグリーンカレーも青汁パウダーがあればささっと簡単に仕上がります。本場タイのグリーンカレーに比べるとスパイスの量は少なめですが、ナンプラーを加えることで本格的な味わいに!野菜が苦手な子どももパクパクと美味しく食べることができるでしょう。

〜青汁入りグリーンカレーの作り方〜
<材料>
・青汁パウダー 1包
・鶏もも肉 150g
・玉ねぎ 1/3個
・舞茸 1/2袋
・にんにく 1片
・生姜 1片
・ココナッツミルク 300ml
・コンソメの素 小さじ2
・カレー粉 小さじ2
・ナンプラー 小さじ2
・塩胡椒 適量
・サラダ油 大さじ1

<作り方>
1. 鶏もも肉はひと口大にカットし、塩胡椒で下味をつけます。
2. 玉ねぎは薄切りに、舞茸は手で細かくほぐします。
3. フライパンにサラダ油を熱し、鶏もも肉を炒めていきます。火が通ったら一旦お皿に取り出しましょう。
4. 3のフライパンにみじん切りのニンニクと生姜を加え、香りが立ってきたら玉ねぎ→舞茸の順番に炒めます。
5. 玉ねぎがしんなりしたら3の鶏もも肉とカレー粉を加え、全体に馴染むようサッと炒めます。
6. 5にココナッツミルク・青汁パウダー・コンソメの素・ナンプラーを加え、弱火で2〜3分ほど煮込みます。
7. グリーンカレーをご飯と一緒にお皿に盛り付けて完成です。

青汁の味に飽きた方必見!青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ

青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ 〜青汁入りガレット〜

いつもより贅沢な時間を過ごしたい…!そんな休日の朝に最適な「青汁入りガレット」のレシピです。今回はスモークサーモンなどの具材を使用していますが、フルーツや生クリームをトッピングしてスイーツ風に仕上げるのもおすすめですよ。

〜青汁入りガレットの作り方〜
<材料(2枚分)>
・青汁パウダー 1包
・全粒粉 50g
・卵 1個
・牛乳 50cc
・水 50cc
・塩 ひとつまみ
・オリーブオイル 適量

<具材>
・スモークサーモン 5〜6枚
・卵 2個
・ミニトマト 2個
・ほうれん草 1束
・とろけるチーズ 40g
・ベビーリーフ 適量

<作り方>
1. ミニトマトはくし切りに、ほうれん草は熱湯で色鮮やかになるまで茹で、ざく切りにします。
2. ボウルに卵・牛乳・水を加え、均一になるまで混ぜましょう。
3. 2に全粒粉・青汁パウダー・塩を加え、ダマにならないよう混ぜ合わせます。
4. フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火にして3のガレット生地を流し入れます。フライパンを回しながら生地が薄くなるよう伸ばしていきましょう。
5. 生地が固まらないうちにほうれん草・スモークサーモン・とろけるチーズをドーナツ状に並べ、土手を作りましょう。
6. 卵を生地の中心に割り入れ、蓋をして蒸し焼きにします。
7. 卵に火が通ったら生地の四辺を折りたたみます。
8. 卵が割れないよう注意しながらガレットをお皿に移し、ミニトマトとベビーリーフを上から飾り付けて完成です。お好みでマヨネーズやケチャップをかけて召し上がってください。

いかがでしたか?「昔買った青汁がまだいっぱい残っている」「美容のために買ったけど飲みづらい」など、余っている青汁の処理に悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね!

青汁の味に飽きた方必見!青汁パウダーを使った簡単アレンジレシピ

文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ