メディア個別 スチームヘアアイロンの意外な落とし穴!? 気になるデメリット | 注目のヘアケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

スチームヘアアイロンの意外な落とし穴!? 気になるデメリット

第7回 注目のヘアケア情報をまとめてチェック!
ヘアアイロンはくせ毛直しから毎朝のスタイリングに欠かせないアイテム!最近はスチーム機能付きのヘアアイロンを家電量販店でよく見かけるようになりましたが、普通のヘアアイロンと比べてどのような違いがあるのか気になるところですよね。

スチームヘアアイロンと普通のヘアアイロンの違いは?

一般的なヘアアイロンは熱だけの力で髪の毛を巻いたりストレートにスタイリングしたりするもの。一方、スチームヘアアイロンは熱だけでなく、ヘアアイロンについているタンクに水を加えることでスチームの力を使ってスタイリングできるという違いがあります。

スチームヘアアイロンから発生するスチームは、髪の毛を包みこむ役目を担っていることから髪に優しいと言われていますが、商品の選び方を誤ってしまうとかえってダメージを与える可能性も…!?

スチームヘアアイロンの意外な落とし穴!? 気になるデメリット

スチームヘアアイロンを使用するデメリット

スチームヘアアイロンの気になるデメリットについてまとめてみました。

<ダメージ>
髪の内部に水分が多く残った状態で高温のヘアアイロンをあてると「水蒸気爆発」と呼ばれる現象が起こるので、一気に髪のダメージが進行してしまうんだとか…。つまり、あまりたくさんのスチームが出てくるヘアアイロンは髪に良くないとされるため、スチームヘアアイロンを購入する際は「水蒸気が多すぎない」「水蒸気ができるだけ細かい」という条件が当てはまる商品を選ぶようにしましょう!

<お手入れの手間がかかる>
スチームヘアアイロンについているタンクに水を入れっぱなしにしていると雑菌やカビが繁殖しやすいです。こまめなお手入れや使用する毎に水を変えるなど面倒に感じてしまう方にはあまり向いていない商品と言えるでしょう。

デメリットもあるスチームヘアアイロンですが、雨の日に髪の毛が広がってしまう…と悩んでいる方には大変おすすめです。水分を吸収しやすい髪質の場合、スチームの力が加わることでクセがしっかり伸び、夜までスタイリングを綺麗に保つことができるそう。ヘアアイロン選びの際、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スチームヘアアイロンの意外な落とし穴!? 気になるデメリット

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・川本えりな
文・川本えりな
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。

あなたにおすすめ

ピックアップ