メディア個別 マタニティブラは普通のブラとどう違う?選び方について | 注目のボディケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

マタニティブラは普通のブラとどう違う?選び方について

第11回 注目のボディケア情報をまとめてチェック!
妊娠すると体に様々な変化が現れるため、そのまま普通のブラジャーを引き続き使ってしまうと乳腺が締め付けられることがあり、出産後に上手く母乳が出ない可能性があるんだとか!乳腺が張ってきたらマタニティブラに変えるようにしましょう。

マタニティブラと普通のブラの違い

妊娠するとホルモンバランスの影響でバストの形が大きく変化するため、優しく支えるタイプのブラジャーが必要になっていきます。普通のブラジャーは寄せたり上げたりする補正機能が付いているものが多く、乳腺がギュッと締め付けられることがあるとか。

一方、マタニティブラの場合はサイズの変化にも対応できるようカップが柔らかく、伸びるように作られているそうです。一般的に妊娠4ヶ月頃からバストがふっくらしてくると言われていますが、妊娠初期はつわりがひどく、特にデリケートな時期なので「締め付けがきつい…」と感じた時点で週数に関係なくマタニティブラに切り替えることをおすすめします。

マタニティブラは普通のブラとどう違う?選び方について

マタニティブラの選び方について

マタニティブラは大きく分けて「ハーフトップタイプ」と「ブラジャータイプ」の2種類があります。

ハーフトップタイプはスポーツブラのようにノンワイヤーでホックが付いておらず、そのまま被って身につけます。締め付け感が少ないため、つわりがひどい時期やゆっくり過ごしたい休日などにおすすめです。

ブラジャータイプは乳腺を圧迫しない構造のワイヤーが使用されており、バストの垂れを防ぎたい方、仕事や外出時用のブラが欲しい方に最適な商品です。

〜マタニティブラの選び方〜
<肌に優しい素材>
妊娠中の女性は以前に比べて肌が非常に敏感になっているため、これまでナイロンやポリエステルといった化学繊維のものでも何も問題なかった方も急にかぶれてしまうことがあると言われています。マタニティブラを購入する際はシルクやコットンなど肌に優しい天然素材を使ったものを選ぶようにしましょう。

<授乳期まで使えるもの>
マタニティブラにはブラジャーを外すことなくそのまま赤ちゃんに母乳が与えられる授乳機能付きのものがあります。授乳機能が付いているマタニティブラを選べば産後も買い替える必要がないので経済的にも優しいです。

マタニティブラをテーマにお届けしました!あなたにぴったりのマタニティブラを見つけてくださいね。

マタニティブラは普通のブラとどう違う?選び方について

文・川本えりな
文・川本えりな
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。
日々のスキンケア・ヘアケアに関する情報をお届けしている。人生は一度きり!美活を通して一緒にワクワク・ドキドキするような毎日を描いていきましょう。LIKE:猫・カフェ巡り。

あなたにおすすめ

ピックアップ