メディア個別 モリーナ・バッカリン、新作アクションスリラー『ワルド』に出演決定 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

モリーナ・バッカリン、新作アクションスリラー『ワルド』に出演決定

第234回 海外スターの最新ニュース

モリーナ・バッカリンが新作映画『ワルド』のキャストに加わった。ドラマ『Homeland/ホームランド』や『デッドプール』などで知られるモリーナは、この新作アクションスリラーでメル・ギブソンとチャーリー・ハナムと共演することになる。

ハワード・マイケル・ゴールドによる『ラスト・ルックス』の映画化となるこの本作に向けては、ティム・カークビー監督、ハワード・マイケルが脚色を務める中、『ベイビー・ドライバー』のエイザ・ゴンザレス、『LOST』のドミニク・モナハン、ジェイコブ・スキピオ、クランシー・ブラウンなどの出演も決定している。

この新作ではチャーリー演じる元ロサンゼルス警察の刑事チャーリー・ワルドが森の中で静かな生活を送っていたところ、妻を殺害した犯人を突き止めようとするタレントのアラステア・ピンチから私立探偵としての調査を依頼される。元ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの俳優で現在はテレビ番組の審査員として活動しているピンチは、大酒飲みでリビングで妻が遺体となって発見された後のことを思い出せずにいる。

プロデューサー陣にはアンドリュー・ラザー、クリスティーナ・ワイス・ルーリー、スティーヴン・シャインバーグらが名を連ねる。

そんな新作に今回出演が決まったモリーナは、アレック・ボールドウィンと共演の『フレーミング・ジョン・デロリアン』が最近公開になっていたほか、成人向けホラーアニメ『トゥ・ユア・ラスト・デス』で声優も務めている。

あなたにおすすめ

ピックアップ