メディア個別 トム・ハーディ、『ヴェノム』続編出演が決定 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

トム・ハーディ、『ヴェノム』続編出演が決定

第236回 海外スターの最新ニュース

トム・ハーディの『ヴェノム』続編出演が正式に発表された。前作でプロデューサーを務めたエイミー・パスカルは、2020年に公開予定の続編でヴェノムことエディ・ブロック役を演じたトムが続投することを明かした。

『スパイダーマン:ホームカミング』でも製作を担当していたパスカルは、全米だけでも1億8700万ドル(約200億円)、全世界で5億800万ドル(約555億円)の興行収入を上げた前作が、実現させた配給会社のソニーとトムの印象的な演技のおかげだと語っている。

また、ファンダンゴとのインタビューの中でパスカルは、今後トム・ホランド主演の「スパイダーマン」シリーズとのクロスオーバーの可能性があることも示唆している。「トム・ホランドを全てに参加させる大きなプランがあるんです」という発言に対して「全て」とは何を意味するのか尋ねられたパスカルは「我々が関係する全ての作品ということですよ。私が手掛ける映画全てに彼は出演する必要がありますね」と冗談を交えつつも、マーベルとソニー・ピクチャーズの今後のクロスオーバー全作にトム演じるスパイダーマンを登場させる意向をほのめかした。

デイヴィッド・ミッチェリーニとトッド・マクファーレン、マイク・ゼックによって1988年にマーベルコミックに登場したヴェノムは、アイアンマンやデッドプール、ハルクなどのコミックにも登場するなど、現在でも人気を集めている。

あなたにおすすめ

ピックアップ