メディア個別 バイパーの歴史と魅力 | カナダ発の新ダイエット術『ViPR(バイパー)』が今、アツい! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
バイパー 

バイパーの歴史と魅力
~カナダ発の新ダイエット術『ViPR(バイパー)』が今、アツい!~

ミスインターナショナル日本代表 村山和実さんが伝授するカナダ発の新ダイエット術『ViPR(バイパー)』
「ちょっとお腹まわりが…」「最近、運動不足かも?」……といった、お子さんを産んだ多くのママさんがかかえる、奥歯にモノがひっかかったような“お悩み”をイッキに解消してくれる『ViPR(バイパー)』をご存じでしょうか? 
このカナダ生まれの最新トレーニング術を、2011年度ミス・インターナショナル日本代表で、バイパーのインストラクター資格を持つ村山和実さんに、徹底レクチャーしていただきます。(取材協力:ISEA BODY STYLE)

『ViPR(バイパー)』はカナダで発祥し、2012年に日本へ上陸して以来、もっとも注目されている、最新トレーニングツールです。
なんでも、カナダにとても強いアイスホッケーチームがあって、あるトレーナーが、そのメンバーたちに「どのようなトレーニングをしているのか?」を聞いたところ、彼らは「本職の農業で、シャベルで土を掘ったり、牛を引っ張ったりしているだけだよ」と答えたのだそう。そこからヒントを得て、トレーニング用に改良されてきたバイパーは、すでに海外のプロスポーツチームや警察・軍隊ほか、40カ国以上で導入されています。

2011年のミス・インターナショナル日本代表で、女性の “美”にかかわることすべてに積極的なアプローチを努めるバイパー・インストラクターの村山和実さんは、バイパーの魅力をこう語ります。

「バイパーは、ゴム製の専用棒を持ち上げたり、引っ張ったり、投げたり、持ちながらジャンプしたりすることで全身運動ができるトレーニング。
よくジムなどで行うウエイトトレーニングは『ストレングストレーニング』と呼ばれ、基本は一箇所の筋肉にアプローチして鍛える方法です。対してバイパーは、スクワットとエアロビクスを、ダンベルを持ちながらやるようなイメージの、すべての身体の部位をまんべんなく動かす『ファンクショナルトレーニング』。このバズーカ砲みたいな(笑)器具(女性だと4~6㎏のものが通常)を使って3~4分のサーキットトレーニングを30分ほど繰り返します。
トレーニング法は9000通りあるとも言われており、お腹にしっかり力を入れて、体幹を正しく使うことが大前提なので、ダイエットにはもちろん、美脚効果やヒップアップ、あと姿勢が見違えるくらい良くなるのも魅力です」
バイパーの歴史と魅力
 
ViPR(バイパー)重量は4㎏~20㎏までで全7種類

想像以上にハードなトレーニングらしいので、週1回や月2回のトレーニングでも充分な効果が見込めるのも、日々多忙なママさんにはウレシイ要素。次回からは、このバイパーについて、簡単なトレーニング法の実例も交えながら、もう少し詳しく村山さんに語ってもらいましょう。

■協力一覧

実地指導インストラクター:ViPRジャパン ナショナルトレーナー・千葉啓史さん/体験モデル:日向琴子さん

スタジオ: ISEA BODY STYLE- Hot Core Studio(イセアボディスタイル-ホットコアスタジオ)(麻布十番)

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP