メディア個別 しつけと虐待の境界線は●●だった!?虐待してしまう親の特徴 | しつけが虐待に発展しないために | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

しつけと虐待の境界線は●●だった!?虐待してしまう親の特徴

第1回 しつけが虐待に発展しないために
男児が親から「しつけ」と称し、北海道の山中に置き去りにされた事件。幸いにも男児が発見されたことで収束しましたが、「しつけ」と「虐待」はどこで線引きすべきかという議論が盛んに行われました。

「一般的には、しつけは教育が原点で、ルールとか最低限のマナーを教えるもの。一方で虐待は感情をぶつけるものですが、この境界線を見誤りがちな親も少なくありません」。そう語るのは、虐待する親の心理に詳しい心理カウンセラーの小川のりこさん。その理由について聞いてみました。

●過度なしつけは親の心の痛みが起因に

「しつけのつもりが過度な感情を子どもにぶつけてしまう親というのは、自分が“心の痛み”を抱えているケースがほとんどです。『人は愛されたようにしか人に愛することができない』というのはよく言われることですが、自分が親から極端に厳しくしつけられた人というのは、頭では『よくないやり方だ』と分かっていても、親から受けたしつけによる心の痛みが、子どもに対する愛情と複雑に絡み合ってしまい、しつけがエスカレートする傾向にありますね」(小川さん、以下同)

とくに危険な傾向にあるのは「自己評価が低い親」。自分と他人の子どもを比較し、劣っているところを見ると“許せない”“何とかしないと子どもがダメになる”という思いが強くなり、激しい言葉で罵ったり、暴力的な行為に出たりするなど過剰に反応してしまうそう。

とはいえ、親子の間において、しつけと虐待のボーダーラインは極めて曖昧だと指摘する。

「親から毎日のように叩かれたという子どもでも、成長すると『自分のことを思ってやってくれた』と納得している人もいます。また、カウンセリングに来られる親のなかには、客観的に見たら虐待ほどではないにも関わらず、『虐待しているかも…』と悩んでいらっしゃる方もいます。それくらい感覚的で、きっちり分けられないものだということを踏まえたうえで、やはり問題は親自身が子どもと対峙するにあたって、苦しさを感じていないかということですよね。まずは、そこを自覚して解決していかないといけません」

「しつけ」が「虐待」に発展しがちな親の共通点とは?

●虐待に傾きやすい親の特徴とは?

自分は虐待をしているかもしれない、と不安に感じてカウンセリングに足を運ぶ親は、心の痛みを取り除くことで随分と楽になるそう。

「他の親や世間の標準と照らし合わせて、自分のしつけが大丈夫なのか神経質になって気にしている方もいらっしゃいます。ただ、子どものことで悩んでいる方は、あまり心配がないですね、もし『子どもに手をあげてしまう』『子供を抱きしめられない』といったことに苦しんでいるのであれば、自覚症状があるということなので、事件を起こす前にどこかに助けを求めるものです。うまくカウンセリングにつながれば、深刻な事態にまで発展することは、ほぼないといっていいでしょう」

逆に、心配なのはコミュニティとのつながりや、人間関係において孤立している人だといいます。

「怖いのは親と断絶していたり、夫との関係も上手くいっていなかったりするときなどです。虐待に傾いてしまったとしても指摘してくれる人、相談できる人が身近にいないために、子どものことに執着してしまい、心の痛みを緩和できなくなってしまいます。子供のことで悩んだら、まずは相談できる人に気持ちを聞いてもらうということが大事ですね」

子育てにおいて苦痛を感じる瞬間は、どんなママにも一度は訪れるもの。そうしたやり場のない気持ちを吐き出すことが、虐待の予防にとっても不可欠なのかもしれません。

(構成・文:末吉陽子/やじろべえ)

お話をお聞きした人

小川のりこ
小川のりこ
カウンセリングサービス
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。

子どもとの向き合い方に悩んだら

子どもへのまなざし(完)
子どもへのまなざし(完)
佐々木正美
1,944円
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
澤田敬
1,620円
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
親野智可等
534円
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。

あなたにおすすめ

ピックアップ