メディア個別 ジョー・ジョナスとソフィー・ターナーがフランスで挙式! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ジョー・ジョナスとソフィー・ターナーがフランスで挙式!

第261回 海外スターの最新ニュース

ジョー・ジョナス(29)とソフィー・ターナーが仏サリアンで結婚式を挙げた。先月29日(土)に執り行われたこの式には、ソフィーのブライズメイドを務めた『ゲーム・オブ・スローンズ』の共演者メイジー・ウィリアムズをはじめ、ジョーの兄弟ニックとケヴィン、そして2人の妻プリヤンカー・チョープラーとダニエラなどが参列したそうだ。

また結婚披露宴には、ウィルマー・バルデラマとその恋人アマンダ・パチェコ、そしてアシュリー・グラハムとその夫ジャスティン・アーヴィンなどが出席したという。

今年5月にラスベガスで法的に夫婦となっていたジョーとソフィーは以前、結婚に際してソフィーの父親が大喜びだったと明かしている。

ソフィーはこう話していた。「父は私がミュージシャンと結婚することになって大喜びだったの。『ラグビー選手かミュージシャンと結婚しるべきだ』ってずっと言っていたから。だから、まさに運命の人と結婚できたってわけ。父はジョナス・ブラザーズにハマってきてるところ。父の聴くようなジャンルじゃなかったけど、今は大好きなの。新曲は最高だしね」

さらに結婚から数週間が経っているが、ソフィーはまだジョーを夫と呼ぶことに慣れていないようで、「恋人から婚約者、夫に変化しているところ。何て呼んでいいのか分からない!まだ(結婚してから)日も浅いけど、私たちはとても幸せよ」と続けている。

一方のジョーは最近、両親が結婚の報せをインターネットで知ったことを明かしていたが、ほとんど法的な手続きだけで、すぐに正式な式を行う予定だったことから、あまり気に障ることはなかったと語っていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ