メディア個別 「007」最新作、主演ダニエル・クレイグ現場復帰 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

「007」最新作、主演ダニエル・クレイグ現場復帰

第263回 海外スターの最新ニュース

「007」シリーズ25弾の撮影に主演のダニエル・クレイグが復帰したようだ。5月に撮影中の事故により足首を負傷し、多少の手術を必要とされたというダニエルが、ロンドンでの撮影に復帰したことが映画のオフィシャルツイッターで報告された。

そこではイギリスの近衛兵と一緒に写ったダニエルの写真も投稿されたほか、愛車アストンマーティンとの写真に「『ボンド25』の撮影現場でのダニエル・クレイグとアストンマーティンV8。007を演じるダニエル・クレイグとキャリー・フクナガ監督、クルー一同は快晴の空の中、ロンドン各地で撮影中」とキャプションが付けられている。

ジャマイカでの撮影中に怪我を負ったダニエルは、その後リハビリ期間を取っていた。当関係者は「ダニエルはジャマイカでの撮影終盤のシーンの撮影のためスーツ姿で決めていました。撮影で全力疾走していたところ、滑って変な転び方をしてしまったんです」「かなり痛がっていて、足首を痛めたと言っていました。ご想像通り、そんな状況になってしまったことに怒りも隠せないようでしたね。苛立ちからスーツのジャケットを地面に投げつけていました」と明かしていたが、当時製作側はそれでも2020年4月公開に変更はないと発表していた。

あなたにおすすめ

ピックアップ