メディア個別 子どもに恨まれない「しつけ」の方法とは? | しつけが虐待に発展しないために | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

子どもに恨まれない「しつけ」の方法とは?

しつけが虐待に発展しないために
子どもに対して日常的に暴言や暴力を重ねる、いわゆる虐待。最近はメディアでも虐待事件の報道が絶えません。虐待されて育った子どもは、往々にして親との関係性に困難を抱えるケースが多いと言われています。

しかし、なかには親はしつけだと思ってしていたことが、子どもの恨みを買っていたなんてこともあるようです。育児期の親子関係に詳しい心理カウンセラーの小川のりこさん。その理由について聞いてみました。

●子どもに不信感を抱かせるしつけとは?

小川さんによると、虐待までいかなくても大人になったときに、「なんであんなこと言われたんだろう」「何であんなことされたんだろう」など、親に対して遺恨になることもあるそう。

「親自身、気づかないことがほとんどなんですが、たとえば『勉強しなさいよ』という一言にしても、子どもからしてみると、『何のために勉強させるんだろう』と疑問を抱くことも多いわけです。そのため、親は怒る理由をしっかり話すことが大事です。そこをないがしろにしてしまうと、結局なんでお母さんが厳しくしているのか、自分のためなのかどうかという納得感がないまま育つので、結局親のエゴを押し付けられたという感覚になってしまうと思うんです」(小川さん、以下同)

とはいえ、子どもに言い聞かせるのは時間もかかるし、忍耐もいることです。小川さんいわく、完璧にわからせようとするとお母さんの負担になってしまうので、コミュニケーションにちょっとした工夫を加えることがおすすめとのこと。

「まずは『ながら注意』を控えることからはじめてみてください。たとえば、料理しながら叱ったり注意したりしてしまうと、子どもの目を見ないことになってしまいますよね。本当に大事なことを注意するときは、お互いにちゃんと座って相手の目を見て話すというのが大事。やれる時だけでいいので、きちんと面と向かって『叱る』時間というのをしっかりとってもらいたいと思います。ちゃんと納得するような叱り方ということです」

子どもに恨まれない「しつけ」の方法とは?

●叱るときはあくまでも対等であることを心得る

また、いくら子どもを想って叱っていたとしても、親の態度を日常的にしっかり観察している子どもは、不信感を抱いてしまうこともあるとか。

「お母さんが失敗したことをしっかり謝ることができるのか、ということも大事です。たとえば、子どもが『お母さんもこうしてるでしょ』と指摘したときに、『あなたのことを言っているのよ』と反発してしまうんですが、これはNGです」

子どもに謝るとナメられると感じる親も少なくありませんが、たとえ子どもがまだ幼くても自然体で付き合うことが“遺恨を抱かせないしつけ”のためにも重要だといいます。

「母親だからと言って上から目線で叱るのではなく、あくまでも目線を同じにして同じ人間として一人の人間として扱ってあげることで、叱るという行為ひとつとっても、子どもとの信頼関係を育むことができます」

子どものためのしつけだと思って、心を鬼にして指摘したとしても、事と次第によっては裏目に出てしまうことも。そうならないためにも、まずは一人の人間として尊重の気持ちをもって、子どもに向き合うことが大事なのかもしれません。

(構成・文:末吉陽子/やじろべえ)

お話をお聞きした人

小川のりこ
小川のりこ
カウンセリングサービス
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。

子どもとの向き合い方に悩んだら

子どもへのまなざし(完)
子どもへのまなざし(完)
佐々木正美
1,944円
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
澤田敬
1,620円
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
親野智可等
534円
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。

あなたにおすすめ