メディア個別 「虐待」の可能性はどれくらい? チェックテストで診断! | しつけが虐待に発展しないために | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

「虐待」の可能性はどれくらい? チェックテストで診断!

しつけが虐待に発展しないために
とても曖昧な「しつけ」と「虐待」の境界線。自分は大丈夫だと思っていても、子どもを虐待してしまう可能性はゼロではないかもしれません。そこで、虐待問題に詳しい心理カウンセラーの小川のりこさんによる、虐待リスクのチェックテストを公開。全20問に回答して、自分の虐待危険度を判定してみましょう。

●虐待リスク判定テスト(全20問)

次の20問のうち当てはまる数を○でカウントしてみましょう。

1.「叱る」と「怒る」は同じものだ。
2.子どもと話すとき、いつも家事などをしながらの「ながら話し」になる。
3.子どもの悪いところがよく目につく。
4.子どもを心配ばかりして信頼することがあまりできない。
5.子どもが悪いことをしたらすぐに謝らせる。
6.子どもとゆっくり話す時間があまりない。
7.夫は育児にあまり協力してくれない。
8.夫と日頃からあまり話ができない。
9.夫と寝る時間がバラバラだ。
10.夫と言い合いになることが多い。
11.自分の親とは疎遠になっている。
12.夫の親と疎遠になっている。
13.両家の家族と遠くに住んでいる。
14.夫にいつも気を使っている。
15.子育てで頼れる人がいない。
16.家事育児は完璧にこなさなければならない。
17.お金をつかうことに強い罪悪感がある。
18.主人の帰る時間をいつも気にしている。
19.孤独を感じることがよくある。
20.肩や、首のこりやだるさがずっとある。

○が5個未満・・・虐待危険度10%未満
「虐待の心配はほとんどありません。何か嫌な事やしんどいことを抱えたとしても、そんな気持ちを解消させる術を持ち、それなりに育児を楽しめているはずです」(小川さん、以下同)

○が6個以上から8個未満・・・虐待危険度20%未満
「とても疲れているときは、ついつい自分や子どものマイナス部分を気にしてしまうかもしれません。虐待に発展する可能性は低いですが、自分の時間をなるべく取るようにしてほしいと思います」

○が9個以上から11個未満・・・虐待危険度50%未満
「イライラしてしまうことが多くなっていませんか? そんな自分を責めていませんか? 子育てというのは、なかなか思うようにはできないものです。そのイライラを子どもにぶつけてしまうこともあるかもしれません。自分がかなり疲れていることを自覚して、自分を責めることはせず、誰かを頼ってみてください」

○が12個以上・・・虐待危険度80%以上
「子育てを一人でかなり頑張ってこられたのかもしれません。もしくは、育児のしんどさを誰にも言えず、傍目には元気で楽しそうな自分でいたのかもしれません。でも、今はもう限界なのではないでしょうか。これ以上無理して頑張るのを辞める勇気を出しましょう。甘えられる誰かを見つけて、思い切り泣いて、思い切り話すことが必要です」

「虐待」の可能性はどれくらい? チェックテストで診断!

結果はいかがだったでしょうか? これはあくまでも虐待に傾きやすいリスクを示すチェックテストですが、結果に心当たりがあるママはぜひ小川さんのアドバイスを参考に、心を軽くしてみてください。

(構成・文:末吉陽子/やじろべえ)

お話をお聞きした人

小川のりこ
小川のりこ
カウンセリングサービス
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。
カウンセリングサービス所属カウンセラー。8歳の息子を持つ45歳。アルコール依存症の父からの虐待経験を持ち、学生時代にはいじめを経験、死に直面するような生き方を長くし続ける。過去のあらゆる経験をもとにしたカウンセリングを得意としている。

子どもとの向き合い方に悩んだら

子どもへのまなざし(完)
子どもへのまなざし(完)
佐々木正美
1,944円
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
『子どもへのまなざし』(98年)『続 子どもへのまなざし』(01年)に続く、好評シリーズの完結編です。今回の『完 子どもへのまなざし』では、とくに今、テレビや新聞などでも問題になっている、家庭の崩壊や子どもの虐待、さらに学校や地域社会が力を失ってきた現状をとりあげ、この現代社会のなかで、わたしたちは子どもにどう接していけばいいのか、あるいは、わたしたち一人ひとりが社会と関わりながら、どのように自分の人生を充実させていけばいいのか、一緒に考えていきます。
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
子どもと生きる・あまえ子育てのすすめ
澤田敬
1,620円
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
私たちの国の子育て文化/親と子の、人と人との、心の響き合い/心のアルバムのなかの物語り写真/乳幼児期の、親と子の心の響き合い/あまえのなかで育まれているもの/こうやってあまえ子育て/子どもをあまえさせられないと悩むあなた/子どもへの虐待と、あまえ/あまえとあまやかし。あまえとしつけ。/親と子を、あまえから遠ざけるもの/子どもの身体症状が訴える心の混乱と、あまえ療法/子ども期を過ぎて現れる“あまえ欠乏症候群”
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
「叱らない」しつけ ほんの少しの工夫で、「元気な子」「できる子」が育つ (PHP文庫)
親野智可等
534円
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。
時には叱ることも、しつけには大切。でも叱ってばかりでは子供は萎縮するばかり。「しつけ=叱る」の常識をくつがえす、子育て論。

あなたにおすすめ