メディア個別 オークワフィナ、実写版『ザ・リトルマーメイド』で声の出演? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

オークワフィナ、実写版『ザ・リトルマーメイド』で声の出演?

第265回 海外スターの最新ニュース

オークワフィナとジェイコブ・トレンブレイが実写版『ザ・リトルマーメイド』で声の出演をする見込みだ。『オーシャンズ8』でおなじみのオークワフィナと『ルーム』の名子役として知られるジェイコブは、カモメのフラットルと魚のフランダー役に向けてそれぞれ交渉中だという。

『メリー・ポピンズ リターンズ』を手掛けたロブ・マーシャルがメガホンを取るこのディズニー新作では、1989年のアニメ版の名曲はもちろん、リン=マニュエル・ミランダとアラン・メンケン作曲による新曲も登場するようだ。

本作でリンはマーシャル監督、マーク・プラット、ジョン・デルーカと共にプロデューサーも務めることになっており、脚本はデヴィッド・マギーと『メリー・ポピンズ リターンズ』の面々が顔を揃えている。

現在大ヒット中の『アラジン』など名作アニメの実写版を立て続けに製作中のディズニーが贈る新作に参加する方向のオークワフィナは、ラッパーとして活躍していたものの、2018年には『オーシャンズ8』『クレイジー・リッチ』とヒット映画に出演し、女優として活動の幅を広げている。

一方、『ルーム』でブリー・ラーソン演じる主役の息子ジャックを演じたジェイコブは、『ワンダー 君は太陽』でトリーチャーコリンズ症候群のオーガスト・プルマン役を演じるなど12歳ながらも演技派として名を馳せている。

あなたにおすすめ

ピックアップ