メディア個別 ジェームズ・フランコ、ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判で証人に | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ジェームズ・フランコ、ジョニー・デップとアンバー・ハードの裁判で証人に

第269回 海外スターの最新ニュース

ジェームズ・フランコが、ジョニー・デップが元妻アンバー・ハードに対して起こした名誉棄損を求める裁判で、証人として召喚されるようだ。ジェームズは、ジョニーによって目に痣をつけられたとアンバーが主張する翌日にエレベーター内でアンバーと一緒にいるところを映したビデオに関して、ジョニーの弁護団から質問されることになるという。

またジョニーの弁護団は、アンバーが怪我を偽装したとして、彼女の元恋人イーロン・マスクに当時どういった外見だったのか尋ねたいようだ。

ジョニーの弁護士アダム・ワルドマンはこうコメントしている。「事実証人としてジェームズ・フランコとイーロン・マスクに関心があります。なぜなら、デップ氏が顔を殴ったとされる2016年5月21日から保全命令を貰うために痣を拵えて裁判所に赴いた27日までの日中や夜にアンバー・ハードの顔を目にしているという証拠があるからです」

当時の映像によると、エレベーターに乗ったアンバーがジェームズと共に戻ってきて、他の階で一緒に降りたところが映っている。2人は俯きながらそのまま映像が終わるまで、ジェームズか額をアンバーの肩に乗せているのが見て取れる。

一方でアンバーの弁護士は、ジェームズは同じ建物に住んでいるだけで、偶然同じタイミングでエレベーターを使っただけだと反論している。

エリック・ジョージはフォックス・ニュースに、「タブロイドメディアを通して誤解を招くような情報を拡散するというこの嘘のストーリーは、元妻を攻撃し続けるためのジョニー・デップとその弁護団による下手な試みです」「ジョニー・デップとその弁護団は、失敗していますが、数週間に渡り、この無関係な映像に基づいた淫らな筋書きを作ろうとしています。情けない行為です」と語っている。

ジョニーは、アンバーがワシントン・ポスト紙に寄稿した家庭内暴力の被害者であるという記事に関して、文中にジョニーの名前については言及されていないものの、ジョニーが加害者であるという印象を強くするとして5000万ドル(約55億円)にも上る名誉棄損の訴訟を起こしている。

これに対して、アンバーは今年4月、主張している虐待被害について具体的に言及していた。

あなたにおすすめ

ピックアップ