メディア個別 やっておいてよかった!赤ちゃんの生活スペースを確保するための断捨離 | ベビーカレンダー | ママテナ
やっておいてよかった!赤ちゃんの生活スペースを確保するための断捨離

やっておいてよかった!赤ちゃんの生活スペースを確保するための断捨離

産後のことを考え、出産前に断捨離をしたママの体験談です。断捨離は赤ちゃんの生活スペースや収納場所の確保だけではなく、育児中の掃除の時間短縮にも役立ったようです。

家が狭くて物が多かったわが家。妊娠8カ月のころ、このままでは赤ちゃんの生活スペースを確保できないと思い、断捨離を決意しました。断捨離をすることで収納スペースを空けることができ、赤ちゃんの洋服やおむつなどを入れるスペースを確保することができました。

赤ちゃんの寝る場所と収納場所の確保

産後すぐに必要なスペースは、赤ちゃんの寝る場所と服やおむつなどの収納場所です。断捨離の前に赤ちゃんの寝る場所を決め、その場所に合わせて収納を考えました。


赤ちゃんの生活スペースがイメージできると、いらない棚やインテリアなど断捨離すべきものが見えてきました。また、赤ちゃんの生活スペースをイメージしたことで、より一層赤ちゃんの物が増える分の断捨離が必要だと感じました。

使う予定のない物は思い切って断捨離!

家には、使うかわからないけれどもったいないからと置いてある物が多くありました。赤ちゃんグッズが増える分、多くの物を断捨離したかったため、“今使っている物”、“お気に入りの物”、“いつかは使うから置いている物”の3つに持っている物を分けました。そして、お気に入りの物のなかでも“今後使う予定がない物”、“いつかは使うから置いている物”は断捨離することにしました。


今使っている物とお気に入りの物に絞ることで家がすっきりし、赤ちゃんの生活スペースを確保することができました。

関連記事:

ピックアップ

「助けてください!」半裸を義母に見られた…もはや羞恥心どころじゃない! #産後ヤバイ話 5
「どうして…」初めての妊娠と流産。つらかった、周囲からの何気ないひと言
「赤ちゃんに問題があったの?」術後の苦しみを支えた、父の一言に「ありがとう」 #38
ママの教えを守る娘が尊い!丁寧な言葉遣いと手を添える姿が愛おしすぎる