メディア個別 生姜焼きを美味しく時短で作る方法 | はじめてライフ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

生姜焼きを美味しく時短で作る方法

第4130回 はじめてライフ
生姜焼きは小さな子どもに人気のメニューなので、よく作るという人も多いのではないでしょうか。簡単に作れる生姜焼きは、忙しいママにとっても心強い味方です。そこで、この記事では生姜焼きをさらに簡単に美味しく作るために、作り置きや時短レシピ、漬け込み時間を短縮できるレシピについて解説します。また、生姜焼きをより美味しくするためのポイントも紹介するので、次回作るときの参考にしてみてください。

スーパーのお惣菜に頼っている働くママにとっては、きっと革命です。(by dミールキット)

作り置きで生姜焼きの調理時間を短縮!

生姜焼きは、作り置きをすることで調理時間の短縮につながります。作り置きをするときは、まず、ポリ袋にショウガと調味料を入れて、袋の上からよく混ぜましょう。そうすることで、味にムラが出てしまうのを防げるのです。それから、豚肉を入れてしっかりともみ込み、平らになるようにして漬け込んでおきましょう。この状態で、冷蔵庫で4日ほど保存が可能です。特に2〜3日目は味がしっかりと染み込むので、食べるのに最もいいタイミングと言えます。また、このまま冷凍保存もできるのでとても便利です。

急いでいてもすぐできる!生姜焼きの簡単レシピ

生姜焼きは、必ずしも肉をタレに漬け込む必要はありません。急いでいるときにぴったりのレシピがあるのです。作りかたは、肉や野菜を切って片栗粉を薄くまぶしたら、そのままフライパンで焼き、材料に火が通ったら生姜焼きのタレをからめます。材料に片栗粉が付いているので、あとからタレを加えてもしっかりと味が付くのです。肉を漬け込まなくてもいいので、その分の時間を短縮できる時短レシピと言えます。

漬け込み時間を短縮できる生姜焼きの簡単レシピ!

タレに漬け込む時間が短くても美味しい、生姜焼きの簡単レシピがあります。この作りかたであれば、肉を漬け込む時間はたった数分でいいのです。作りかたは、まず、ショウガ入りの調味料に肉をからめたら、肉と野菜を別々に焼いておきます。それから、余っているタレをフライパンに入れて煮詰め、豚肉とタマネギを戻してからめましょう。漬け込む時間は数分であっても、タマネギと一緒にすることで、最後には肉が柔らかく仕上がるのです。

生姜焼きをよりおいしくするポイントは?

生姜焼きをより美味しく作るためには、肉を日本酒に漬け込むのがポイントです。そうすることで、さらに肉が柔らかく仕上がります。このときの注意点としては、肉をもみ込むのではなく「漬け込む」なので気を付けましょう。それから、フライパンをよく温めてから材料を入れるのも美味しく作るポイントです。フライパンの温度が低い状態で材料を入れると、べしゃっとした仕上がりになってしまうので注意しましょう。

生姜焼きは時短レシピで美味しくできる!

生姜焼きは、子どもウケがよくママも助かる最強メニューともいえるものです。それぞれの家庭で作っている方法でも美味しい生姜焼きが作れるかもしれませんが、ちょっとしたコツを覚えれば、より美味しく簡単に作ることができます。生姜焼きは、作り置きや簡単レシピで時短が可能な料理であり、忙しいときの夕食にぴったりなのです。

あなたにおすすめ

ピックアップ