メディア個別 問題が生じ、大パニック!夫がいないときに陣痛が来てしまい…【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
問題が生じ、大パニック!夫がいないときに陣痛が来てしまい…【体験談】

問題が生じ、大パニック!夫がいないときに陣痛が来てしまい…【体験談】

2人目の出産の際、頼れる相手が近くにいないときに陣痛が来たらどうしますか? 入院準備だけではなく、心の準備も実は大切なようです。

入院の準備はしていたけれど、まさか夫もいない、実家は新幹線を乗り継いで5時間の距離、2歳になりたての子どもを抱えている早朝に陣痛が来てしまうとは予想していませんでした。ひとりでどのように陣痛・出産を乗り切ったのか、筆者の体験談をご紹介します。

早めのお産に備えて生活

長女を妊娠37週で出産したため、次の子も早くなるのではないかと予想をし、出産予定日の2カ月前には入院準備をしていました。時はちょうどお正月。夫は年末から離島へ出張に出ていて、1週間後に戻る予定でした。


夫のいないときに陣痛が来ませんようにと祈りながら、人混みを避け、帰省もせず、あまり体を動かさないように長女とおとなしく過ごしていました。

深夜に腹痛、早朝におしるし

なんとか3日の夜になり、実家の母と電話で5日に来てもらう約束をして就寝。夜中2時くらいに腹痛で起き、おなかを下して朝まで何回かトイレに行くことを繰り返し、あまり眠れずにいたところ、5時におしるしが……。このとき妊娠36週1日。頻回にトイレに行っていたので、最初はおしるしなのかわからなかったのですが、下した痛みではない、定期的に締めつける痛みを感じて陣痛だと確信しました。


すぐに母、夫、産院、タクシーに連絡。しかしここで問題が生じます。産院は分娩に子どもの立ち会いNGのため、長女を連れて行くことができません。筆者はこのまま入院となるため長女をどうしたらいいのか、大パニックに。

関連記事:

ピックアップ

「助けてください!」半裸を義母に見られた…もはや羞恥心どころじゃない! #産後ヤバイ話 5
「どうして…」初めての妊娠と流産。つらかった、周囲からの何気ないひと言
「赤ちゃんに問題があったの?」術後の苦しみを支えた、父の一言に「ありがとう」 #38
ママの教えを守る娘が尊い!丁寧な言葉遣いと手を添える姿が愛おしすぎる