メディア個別 特に効果的だったのは意外な作業…!体重を抑えるために私が頑張ったこと | ベビーカレンダー | ママテナ
特に効果的だったのは意外な作業…!体重を抑えるために私が頑張ったこと

特に効果的だったのは意外な作業…!体重を抑えるために私が頑張ったこと

この記事では、「通勤方法を歩きとバスに替える」「ご飯をキャベツやサラダに置き換える」など、第一子妊娠中、ママが体重の増加を抑えるために頑張ったことを紹介しています。

筆者が第一子を妊娠中、妊娠初期はつわりで嘔吐していたこともあり、食欲があまりありませんでした。けれど妊娠中期になるとつわりがなくなり、食欲が止まらずについつい食べ過ぎてしまうことも……。そんな私が、妊娠中に体重を抑えるために頑張ったことを紹介します。

通勤方法を歩きとバスに替える

第一子妊娠中は会社に勤めていた筆者。もともと自転車通勤でしたが、5年前に 「妊娠中の自転車は振動や腹圧がおなかの張りにつながることがあるということやホルモンバランスの変化の影響で注意力が散漫になりがちになる」 ということをインターネットで目にし、この情報が本当かどうかわからなかったものの大事をとって妊娠初期から通勤方法を変えました。


自宅から職場まではそれほど遠くなかったので車での出勤という選択肢もありましたが、あまり体を動かさないデスクワークだったため、体重増加を防ぐためにも歩きとバスで通勤することにしたのです。

ご飯をキャベツやサラダに置き換える

妊娠中期に入るとつわりも落ち着き、気持ちが悪くなったり吐いたりすることはほとんどなくなりました。その代わりに食欲が増して食べ過ぎてしまうこともしばしば。白米が大好きでたくさん食べたかったのですが、欲望のままに食べるとどんどん体重が増えてしまうので、代わりにキャベツやサラダを食べて気持ちを紛らわすことに。


完全に置き換えるのではなく、脂っこい食事や外食をするときに生の千切りキャベツやサラダをご飯に置き換えることで食べ過ぎを防ぐことができました。

関連記事:

ピックアップ

「どうして…」初めての妊娠と流産。つらかった、周囲からの何気ないひと言
「赤ちゃんに問題があったの?」術後の苦しみを支えた、父の一言に「ありがとう」 #38
ママの教えを守る娘が尊い!丁寧な言葉遣いと手を添える姿が愛おしすぎる
「おなか苦しい…」が解消!毎日食べているおいしい救世主は…?!#15