メディア個別 親子で大の恐竜ファン!放送作家の鈴木おさむさんが「恐竜博2019」の音声ガイドに | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

親子で大の恐竜ファン!放送作家の鈴木おさむさんが「恐竜博2019」の音声ガイドに

第4340回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
戦隊ヒーローやアニメキャラなどに並ぶ子どもの人気者といえば、恐竜。今夏も多種多様な恐竜イベントが開催されますが、2019年7月13日から10月14日まで国立科学博物館(東京・上野)で開催される「恐竜博2019(THE DINOSAUR EXPO 2019)」は、ひときわ本気の内容です。北海道で発見された「むかわ竜」とデイノケイルスの全身復元骨格など、「日本・世界初公開」が目白押しの展示物は大人の恐竜ファンも必見! 「子どもには難しいの?」という心配も無用です。人気放送作家の鈴木おさむさんが初プロデュース&ナレーションを担当した音声ガイドが、展示を楽しく&わかりやすくナビゲートしてくれます。親子そろって恐竜ファンという鈴木さんに、本展への思いをお聞きしました。

鈴木さん「ここ数年で展覧会などの音声ガイドがブームになり、いろんな形が生まれてきていると思います。でも、音声ガイドって下手するとふわっと流れていっちゃうこともありますよね。そこで僕が一番に考えたのは、テレビ番組的な手法で耳に入りやすい形を作れないかということなんです。
テレビ番組的な手法とは、『これは〇〇だ。なぜなら……』と答えを最初に言うこと。そのあと出るキャッチに引つけられて見たくなる……っていうのがいいかなと。あと、会場は混んでいることが多いから、離れて見てもわかる音声ガイドになればいいなと思いました」

音声ガイドには、本展を監修している「恐竜博士」の真鍋真さんたちも登場。「わかりやすさとマニアックさがいいバランスになったと思う」と鈴木さんは太鼓判を押します。

鈴木さん「僕の仕事における基本は『人に話したくなること』です。今回の音声ガイドにしても、来場者がガイドを聞いてさらに展示を見たとき、人に話したくなることがたくさんあるかを考えました。
個人的には、この10年でわかったことがとても多い状況に一番驚きました。恐竜の色にしても、僕らが子どものころに図鑑で見ていたときは茶色や緑色だったのが、今はどんどん派手になってきている。性別判定にしても2000年代入ってからです」

恐竜ファンとしても、人にモノを伝えるプロとしても、今回の音声ガイドは納得の内容に仕上がったようです。また、4歳になる鈴木さんの息子さんも大の恐竜ファンだそう。

鈴木さん「息子が3歳になる前、初めて一緒に観に行った映画が『ジュラシック・ワールド』なんです。3歳前の子どもと映画に行くって、すごくドキドキするじゃないですか。でも、2時間ちょっとのあいだ一回も泣かずに、大きな声で叫ばずに観たんですよ。戦隊ヒーローとかだと、大人は大人の目線でしか見られないけれど、恐竜は子どもと“大人がおなじ目線で楽しめるもの”なんなだって思いましたね。戦隊ヒーローの敵は大人になると怖くないけど、ティラノサウルスは今の僕も怖い。この『驚ける視線』が親子でおなじになることって、意外とないかもしれません」

たしかにそのとおり。物事に対する驚きや知りたい欲に、年齢は関係ありませんよね。鈴木さんの息子さんも、恐竜を通じて多くのことを学んでいるようです。

鈴木さん「いろんな物語でティラノサウルスは、仲間を食べたりする『悪』として描かれるんですよ。うちの息子にも『残酷・怖い』のイメージがついて、「なんで食べたの?」とすごく聞いてきたんです。そこで奥さんが「生きるため」とか初めて説明したことで、ライオンやトラなどの生態系を理解する入り口になりました。
日本でもこれからもっと化石が出てくるかもしれないとか、和歌山の沖にこんなの泳いでいたのか(モササウルス)とか、近くにいたかもしれないとか、恐竜にはドキドキ感やワクワク感があるんですよ。想像力を沸き立たせてくれる。うちの息子にも、そういう想像力を持ってほしいです。それが大人にとっては知的好奇心だと思います。『えっ、そうなんだ!』っていう事実が、恐竜のおもしろいところですよね」

■開催概要
『恐竜博2019 THE DINOSAUR EXPO 2019』

国立科学博物館ホームページ展覧会公式サイト

【会期】
2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)

【開館時間】
9:00~17:00
※金曜・土曜は20:00まで ※8月11日(日・祝)~15日(木)、18日(日)は18:00まで ※入場は各開館時刻の30分前まで

【開催場所】
国立科学博物館

【休館日】
7月16日(火)、9月2日(月)、9日(月)、17日(火)、24日(火)、30日(月)

【観覧料】
一般・大学生 1,600円 (前売り:1400円)
小・中・高校生 600円 (前売り:500円)
金曜・土曜限定ペア得ナイト券 2,000円
※前売り券の販売は7月12日(金)まで 
※金曜・土曜限定ペア得ナイト券は当日17:00以降販売・2名様同時入場限定
※未就学児ならび障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料

【チケットの販売所 】
国立科学博物館(休館日を除く)、公式サイト(オンラインチケット)、セブンチケット、ローソンチケット、チケットぴあ、イープラス、イベンティファイ、CNプレイガイド、いこーよ、その他プレイガイド

【主催】
国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社

(文・編集部)

あなたにおすすめ

ピックアップ