メディア個別 ゼンデイヤら、キャメロン・ボイスの死を追悼 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ゼンデイヤら、キャメロン・ボイスの死を追悼

第288回 海外スターの最新ニュース

ゼンデイヤがディズニー・チャンネルの俳優仲間であったキャメロン・ボイスの死に際し、お悔やみの言葉を贈っている。『ジェシー!』などで知られるキャメロンが6日(土)、持病による発作で20歳の若さにして他界したことを受け、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が公開中のゼンデイヤは、その訃報に驚きながらも、キャメロンの友人や遺族に対するお悔やみの言葉をツイッターに投稿した。

一方で2010年作『アダルトボーイズ青春白書』、その3年後に公開された続編でキャメロンの母親役を演じたサルマ・ハエックもインスタグラムに「私はありがたいことに『アダルトボーイズ青春白書』1弾、2弾でキャメロンの母親を演じさせてもらい、その後も連絡を取り続けていた。彼は活発で才能にあふれ、親切さと寛大さ、面白さと明るい光を兼ね備えた人だった。彼が別の場所で踊って輝き続けている間も、彼のもたらしてくれる喜びは私たち心の中で生き続ける。ご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます」と綴り、同シリーズで製作兼主演を務めたアダム・サンドラーも「若すぎる。愛らしすぎて、面白い存在。誰よりも最高に良い人で才能に溢れ、しっかりした若者。彼のことは大好きだった。ご家族のことをすごく大切にしてた。そして世界のことも。キャメロン、僕らにくれたことすべてに感謝してるよ」「この先まだたくさんのことが控えていたのに。僕らの心は打ちひしがれている」と追悼の言葉を贈っている。

家族による発表によれば、死因は闘病中であった病気の治療における発作であったそうで、睡眠中に息を引き取ったという。

あなたにおすすめ

ピックアップ