メディア個別 夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

子どもが職業・社会体験をできることで人気を博しているキッザニア。およそ100種類のアクティビティ(体験できる職業やサービス)が用意されているため、たくさんありすぎて迷ってしまう。しかし、それでは時間がもったいない! そこで、キッザニアをさらに楽しむコツを紹介します。

夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は?
 

●キッザニアにはこんな楽しみ方が!

キッザニアで充実した1日を過ごすためには、まずリサーチから。当日会場についてからではなく、事前に体験したいアクティビティやマップを確認しておくと、スムーズになりますよ。体験時間が短い「アルバイトアクティビティ」や英語を使いながら体験するアクティビティなど、通常とは少し違った体験にも、ぜひ挑戦してみてください。

さらに、キッザニアクラブ会員なら、特定のアクティビティを規定回数以上体験することで、次回からいつもと違う道具が使えたり、チームリーダーとして参加できたり、会員限定のアクティビティ体験が可能になります。より難易度の高いアクティビティに挑戦して、お給料(キッゾ)増額など、会員ならではの特典もあるそうなので、気になる方はぜひチャレンジしてください!
夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は?
 

●電子マネーや銀行口座も?

アクティビティを体験すると、お給料として「キッゾ」がもらえます。キッゾはお買い物はもちろん、電子マネー「e-KidZoカード」にチャージしたり、銀行に口座を開設して預けたりすることもできます。施設内にはATMもあり、キャッシュカードで残高照会やキッゾの引き出しが可能。まるで大人になったかのように、楽しみながらお金の仕組みを学べますよ。
夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は?
 

●ママや乳幼児も楽しめる!

ここでひとつ問題になるのが、パパやママ、乳幼児の過ごし方。アクティビティ体験ができるのは、3~15歳の子どもたちだけ。保護者や乳幼児は、どのように過ごせばいいのでしょうか。

基本的に、パビリオンのなかに一緒に入ることはできないのだそう。パビリオンはほとんどがガラス張りなので、体験中の子どもの様子は、ガラス越し、モニター越しに見学することができます。

また、保護者ラウンジを活用するのもオススメ。テレビを見たり、読書したり。ドリンクバー(有料)もあるので、ゆったりくつろげそう。お兄ちゃんやお姉ちゃんが体験している間、6歳以下の子どもと保護者が楽しめる乳幼児エリアも完備。幼児向けのおもちゃや本、離乳食などを提供。授乳室やおむつ交換台もあるので、小さい子ども連れでも、安心ですね。
夏レジャーに最適!キッザニアをさらに楽しむ方法は?
 

●dポイントクラブ会員貸し切りイベント開催!

今年10月に、キッザニア東京(東京都)とキッザニア甲子園(兵庫県)の2会場で行われる、「dポイントクラブ スペシャルナイト!」。dポイントクラブ会員を対象に、抽選で各会場250組・1000名(1組最大4名まで)をご招待! 貸し切りイベントならではの特典もあるのだそう。(イベント応募期間: 8月1日(月)~8月31日(水))

さらに、その場でdポイントカードのご利用者情報の登録をすると、dポイントキャラクター・ポインコのオリジナルグッズがもらえます。

まるで大人になったかのような、リアル体験ができるキッザニア。子どもだけでなく、大人でも楽しめそうですね。子どもたちにとって、“体験する”ということは、聞いているだけよりも、何倍も勉強になるのではないでしょうか。子どもの“やりたい!”と思える何かが、みつかるチャンスかもしれませんよ。
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP