メディア個別 シャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、「ワイルド・スピード」第9弾続投決定 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

シャーリーズ・セロンとヘレン・ミレン、「ワイルド・スピード」第9弾続投決定

第293回 海外スターの最新ニュース

シャーリーズ・セロンとヘレン・ミレンが「ワイルド・スピード」第9弾に引き続き出演することを、主演のヴィン・ディーゼルが明かした。ドミニク・トレット役を続投しているヴィンはインスタグラムに投稿した撮影現場からの動画で、2017年公開の『ワイルド・スピード ICE BREAK』で登場したジェイソン・ステイサムとルーク・エヴァンズ演じるデッカードと、オーウェン・ショウ兄弟の母マグダレーン役をヘレンが、そしてサイバーテロリストのサイファー役をシャーリーズがそれぞれ続投していることを明かした。

そこでヴィンは「撮影3週目。『ワイルド・スピード』第9弾。撮影現場。オリジナルキャストがたくさんいる。アカデミー賞女優のシャーリーズ・セロンやヘレン・ミレンも含めてね」「サプライズもいくつかあるけど。ジョン・シナとか。彼はこの映画で輝くこと間違いなし」と語っている。

先日には、フィン・コール、アンナ・サワイ、ヴィニー・ベネットのキャスト入りが明らかになっていたが、演じるキャラクターについては知られていない。

一方で、シリーズ第7弾からラムジー役で出演しているナタリー・エマニュエルは6月、ツイッターで最新作の撮影が開始されたことを報告し、再出演するキャスト陣を絵文字でほのめかしていた。

2020年5月公開予定の最新作は、ダン・ケイシー脚本のもと、シリーズ5作目となるジャスティン・リンがメガホンを取っている。

一方で、ドウェイン・ジョンソンとジェイソンはスピンオフ作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のため、本編第9弾からは退いている。

あなたにおすすめ

ピックアップ