メディア個別 別名恐竜の卵!? スーパーフード「ピタヤ」の美容効果がスゴい! | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

別名恐竜の卵!? スーパーフード「ピタヤ」の美容効果がスゴい!

第41回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
海外セレブがインナーケアアイテムとして活用していることから、日本でも大ブームとなったスーパーフード。アサイーやチアチードなどは比較的有名なスーパーフードですが、今回紹介するピタヤに関しては初めて耳にするという方もいるのではないでしょうか?

ピタヤに含まれる栄養素や期待できる美容効果

ピタヤとはサボテン科ヒモサボテン属の果物のこと。鮮やかなピンク色の果皮はまるでドラゴンの鱗のような突起物で覆われていることから、別名「恐竜の卵」または「ドラゴンフルーツ」と呼ばれているんだとか。また、原産地はメキシコや中南米ですが、最近では沖縄でも生産されているそうです。

〜ピタヤに含まれる栄養素や期待できる美容効果〜
<ベタシアニン>
ビーツなどの食材にも含まれるポリフェノールの一種。強力な抗酸化作用によって活性酸素の発生を抑え、冷えの軽減やアンチエイジング効果が期待できます。

<ビタミンB群>
糖質・脂質・たんぱく質の分解をサポートするほか、新陳代謝を促進させるためニキビや吹き出物などの肌トラブルを防ぐ効果なども期待できます。

<ビタミンC>
健康的な肌を保持するために必要なコラーゲンの合成に欠かせない栄養素。シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きもあります。

<マグネシウム>
丈夫な骨や歯の形成をサポートする作用があります。

<カリウム>
体内に蓄積している余分な水分の排出を促し、むくみを軽減する効果が期待できます。

<食物繊維>
善玉菌の餌となって腸内環境を整えたり、有害物質を体外へ排出したりする働きがあります。

別名恐竜の卵!? スーパーフード「ピタヤ」の美容効果がスゴい!

ピタヤを使ったおすすめの美容レシピ 〜ピタヤボウル〜

ハワイのカフェでも人気の朝食メニュー、ピタヤボウルの作り方をご紹介します。

〜ピタヤボウルの作り方(1人分)〜
<材料>
・ピタヤ(ピューレ) 1袋
・バナナ 1本
・豆乳 大さじ2
・グラノーラ 30g
・苺(冷凍可) 20g
・ブルーベリー(冷凍可) 20g

<作り方>
1.冷凍室で凍らせたピタヤピューレとバナナ(生の状態でOK)を包丁で適当な大きさにカットします。
2.ミキサーに1と豆乳を加え、攪拌させます。
3.器に2を移し、グラノーラと苺・ブルーベリーをトッピングして完成です。

ピタヤは沖縄以外ではなかなか出会うことができない果物ですが、レシピで使用しているピューレ状のピタヤは、ネット通販やデパ地下などで手に入れることが可能です。ご興味がある方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

別名恐竜の卵!? スーパーフード「ピタヤ」の美容効果がスゴい!

文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ