メディア個別 弁当を簡単に彩り良く作るレシピを紹介! | はじめてライフ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

弁当を簡単に彩り良く作るレシピを紹介!

第4146回 はじめてライフ
お弁当を作る時間帯は朝が多いです。朝はなにかと忙しいので、お弁当はできるだけ短時間で作りたいですよね。しかし、素早く作りたいからといって手抜きはしたくないものです。栄養満点で食欲をそそるようなお弁当を作るためのポイントを押さえていきましょう。本記事では彩りの良いお弁当を簡単に作ることができるレシピを紹介していきます。

短時間で野菜を使った栄養バランスのいい料理ができる方法教えます。(by dミールキット)

弁当のおかずのポイントは?

お弁当は見た目が重要です。いくら栄養があっても、見た目がいまいちだと美味しそうに見えません。見た目を綺麗にするコツは野菜です。主菜に野菜で彩りをつければ、見た目が綺麗になり美味しそうなデザインにできます。緑色のブロッコリー、赤色のパプリカや人参、黄色のカボチャなどを添えると、見栄えのバランスがよくなるでしょう。

カラフル野菜を弁当のおかずに!

焼肉は好きな人が多いおかずです。焼肉にカラフルな野菜を入れると、より食欲をそそります。焼肉と合わせるのに適しているのは3色のピーマンです。忙しい朝でも簡単につくれる焼肉の作り方をここでは紹介していきましょう。まず、緑、赤、黄のピーマンを千切りにします。それができたら、薄切りの豚肉と一緒にフライパンに敷いて、フタをして点火しましょう。焼き色が肉に少し付き始めたら、全体を混ぜます。しっかりと蒸し焼きにして火を通すのがポイントです。味付けは焼肉のタレで手早く行いましょう。点火する前に材料をフライパンに入れておけば、他の家事と並行してできるので、忙しい朝にぴったりのおかずです。

作り置きもできるドライカレー弁当

お弁当は作り置きしておけると、とても便利です。作り置きに向いているお弁当といえばドライカレーでしょう。ドライカレーに使用する硬い野菜は電子レンジであらかじめ加熱することで、調理時間が短縮できます。冷凍にして作り置きしておくことも可能です。玉ねぎ、人参、ピーマンなどは、みじん切りにしてから電子レンジで加熱します。野菜が準備できたら、豚挽肉を炒め、野菜、カレー粉、ケチャップと混ぜましょう。味付けは塩、ショウガ、コショウで整えます。野菜の調理を電子レンジで短縮するのがドライカレーを手早く作るコツなのです。

王道のおにぎり!行事にも活躍する弁当

お弁当といえばおにぎりですよね。おにぎりのサイズを揃えるために、適量の容器にラップを敷き、そこにご飯を入れていきましょう。味付けはしょうゆ、ケチャップ、ゆかり、青ノリなど種類を多くすると、色もカラフルで楽しいです。巻きすを使用すると、より形が綺麗になります。海苔も忘れず巻いておきましょう。デザインを顔にすると、さらに楽しいお弁当になります。

弁当は見た目も大切!工夫してみよう

お弁当はフタを開けたときの感動が醍醐味です。見た目をできるだけ綺麗にして、思わず笑みがこぼれるようなデザインを目指していきましょう。時間をかけるほど、お弁当のクオリティは上がりますが、時短で作る方法もたくさんあります。今回紹介したようなちょっとした工夫で、お弁当は食欲をそそるものになりますので、いろいろとアレンジしていきましょう。

あなたにおすすめ

ピックアップ