メディア個別 ウニ⇄日本酒でトリップ!綾瀬の「駅前酒場」は昭和の匂いがつまったコの字酒場 | nomooo powered by ママテナ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ウニ⇄日本酒でトリップ!綾瀬の「駅前酒場」は昭和の匂いがつまったコの字酒場

第185回 nomooo powered by ママテナ

ふくいです。

最近オススメの飲み屋街を聞かれたら、綾瀬と答えています。呑兵衛のプロが集まる綾瀬は、銘店・老舗・人気店といった言葉では片付けられない酒場が多いのです。

今回紹介する駅前酒場」も、1つのカテゴリーに当てはめるのが難しい個性的な酒場。

コの字カウンター越しに聞くご常連の会話

現在2代目がお店を受け継ぎ、奥さまが女将として切り盛りする「駅前酒場」は、17時の開店とともにきちんと席が埋まっていくお店。集まったご常連が、注文をしながら世間話をはじめます。

「〇〇さんがもうすぐ来ると思うよ」「さっき、あそこのスーパーでで〇〇さんを見かけたよ」

コの字カウンター越しに飛び交う会話で、擬似地元民の気分に浸ります。

「ああ、来た来た」「今、噂してたところだよ」「ハイボールひとつちょうだい」

全メニュー注文したくなるホワイトボード

ホワイトボードには名物メニューと旬のお魚が並びます。

その日の目玉メニューはTwitter(@ekimaesakaba_)でも発信中。

投稿を見つけてしまったらそれが最後。お店に行きたい気持ちで、いてもたってもいられなくなります。


▲ちなみにランチもめちゃくちゃお得。

正直、美味しすぎて「〇〇を食べるべし!」みたいなことが言えないんです。

かといって「どのメニューも最高に美味しいです」と簡単に片付けてしまうのも嫌。

お酒の種類は3種類だけ

飲み物は基本「ハイボール」(300円/税込)「ビール」(550円/税込)「お酒」(300円/税込)の3つのみという潔さ。

まずは、名物の「ハイボール」を注文。

初代から引き継いだ秘伝の「ハイボール」

「ハイボール」は、初代が考案した元祖ともいわれる下町ハイボール。焼酎に炭酸、謎のエキスが入り、レモンが浮かんでいます。

氷なし、黄身がかったシュワシュワにレモンが浮いていて、濃ゆくて、強炭酸。

何でこんなに美味しいのかわからないけど、きっとこの世のストレスを軽減する優しさが配合されている違いありません。

感動的に新鮮で安いお刺身


おつまみは、2代目のおすすめに従って「天然ブリ刺し」(400円/税込)と「生ウニ」(350円/税込)を注文。

「天然ブリ刺し」はこの時期しか食べられない天然もの。キュッと身がしまっていて、脂がのったブリは深い旨味が凝縮されています。


切りつけ厚めで、立っていると言っても過言ではありません。

これで400円って……1000円くらい出させてくれませんか?


ウニがやってくれば、脳内で「この店、誰にも教たくない」「この店、誰かに自慢したい」の攻防戦が繰り広げられます。

とろけすぎて、ほっぺた崩壊。日本酒をキュッといきたい!!

そうと決まれば「お酒」(300円/税込)を注文。気っ風の良い女将さんが、コップになみなみと注いでくれます。

「彼女に入れてもらう酒がうまい!」と思っているお客さんは多いんじゃなかろうか。

ウニと辛口の酒で頭が整う

キリリと辛口のお酒で口の中を引き締めては、ウニで頬がゆるむ繰り返し。

サウナ通しかわからない表現をすると「整った」状態です。

※整った・・・サウナに入って、水風呂に入るを繰り返すとおこる、トリップ状態

追加で何か注文しようかと考えていると、カウンター内にはこの店のアイドル、ご夫妻の息子さんが登場。ちょっとしたステージタイムに、おじさまたちはデレデレです。

最終的に坊やは常連さんの膝に座り、抱っこされ、素晴らしいファンサービスを繰り広げていました。(私も彼のトリコでした)

ジューシー&スパイシー!酒の進むメンチカツ

追加で注文していたメンチカツ(400円/税込)が到着。

さつま揚げとか他にもオススメはたくさんあるけど、定番で毎日出しているのは、このメニュー。魚だけのお店だと思って欲しくない」と2代目。こちらも売り切れることがあるほど、人気の一品です。

箸を差し入れると溢れだす肉汁!!胡椒の効いた飲兵衛仕様で、再びハイボールに手が伸びます。

皿に溜まった肉汁とソースを混ぜ、千切りキャベツを絡めて……。最後の追い込みをかけます。

コの字酒場の真ん中はステージさながらの臨場感

グイグイ飲み進めてごちそうさま。

お勘定を済ませて、外に出るとすっかり日は落ちて夜。

「またね〜」と別れていくおば様たちの後ろ姿を見ながら、次の店に向かいます。

コの字酒場の真ん中はステージ。そこに立つのは酒場のフロントマンで、超絶技巧・漫談・お説教と、そのお店ならではのパフォーマンスを魅せてくれます。

こちらでは看板息子さん(超アイドル)に会えて、料理が美味しくて……店を離れるのがすごく名残惜しい。

心底、常連さんをうらめしく思いました。

店舗詳細

店舗名 駅前酒場
住所 東京都葛飾区小菅4-10-5
電話番号 03-3690-3838
営業時間 [火~土]
11:30~14:00(L.O.13:50)
17:00~22:00(L.O.21:45)
定休日 日曜・月曜
※人材募集中だそうです!!
HP https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132404/13084618/

提供元

nomooo
nomooo
nomooo(ノモー)は、「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプトに、味のある酒場や、お酒が楽しくなる飲み方などを紹介するWebメディアです。 ※この記事はグルメ情報サイト「nomooo」から提供を受けて掲載しています
nomooo(ノモー)は、「あなた × お酒をもっと楽しく」をコンセプトに、味のある酒場や、お酒が楽しくなる飲み方などを紹介するWebメディアです。 ※この記事はグルメ情報サイト「nomooo」から提供を受けて掲載しています

あなたにおすすめ

ピックアップ