メディア個別 美容にも良い!? 妊婦の味方「葉酸」を含む食材やおすすめのレシピ | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

美容にも良い!? 妊婦の味方「葉酸」を含む食材やおすすめのレシピ

第43回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
妊娠中のママに必要な栄養素としてお馴染みの葉酸ですが、実は全ての女性に嬉しい効果をもたらすと言われているんです! 一体どのような食材に葉酸が含まれているのか具体的にご紹介したいと思います。

葉酸とは?どんな食材に含まれているの?

葉酸は赤血球や細胞を生成するのに欠かせない栄養素で、妊娠の可能性や計画がある女性に対して積極的に補給するよう厚生労働省からも推奨されています。葉酸には胎児の成長をサポートする以外にも、コラーゲン繊維を活性化させて弾力のある肌へ導く効果が期待できるんだとか!

そのほか、貧血を改善したり血色を良くしたりする作用などもあります。最近、肌の調子が悪いな?と感じている女性は、葉酸を摂ることで改善に繋がるかもしれません。葉酸はこれらの食材に多く含まれています。

〜葉酸を豊富に含む食材〜
<肉類> 鶏レバー・牛レバー・豚レバー・鶏ハツ
<魚介類> うなぎ・たたみいわし・あん肝・煮干し
<野菜類> モロヘイヤ・ほうれん草・アスパラガス・パセリ
<果物> ライチ・いちご・アボカド・マンゴー
<豆類> 大豆・そら豆・納豆・きな粉
<海藻類> 焼き海苔・わかめ・昆布・ひじき

美容にも良い!? 妊婦の味方「葉酸」を含む食材やおすすめのレシピ

葉酸たっぷりのレシピ「モロヘイヤのキーマカレー」の作り方

葉酸が豊富な野菜類のひとつ、モロヘイヤを使ったキーマカレーのレシピです。もし苦手でなければ納豆をトッピングして食べるとトロトロ感がUPして大変美味しいですよ!

〜モロヘイヤのキーマカレーの作り方〜
<材料A>
・モロヘイヤ 1袋
・合挽き肉 150g
・玉ねぎ(小) 1個
・にんじん 1/3本
・おろしにんにく(チューブ) 2〜3cm
・おろし生姜(チューブ) 2〜3cm
・カレー粉 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ1
・小麦粉 大さじ1杯半
・塩胡椒 適量

<材料B>
・トマトジュース 150cc
・水 200cc
・ローリエ 1枚
・トマトケチャップ 大さじ2
・ウスターソース 大さじ1
・コンソメの素(顆粒) 小さじ2

<作り方>
1. モロヘイヤは茎を取り除き粗みじん切りに、玉ねぎ・にんじんはみじん切りにします。
2. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎ・にんじんを加えて炒めます。
3. 玉ねぎがしんなりしてきたら、ひき肉を加えてさらに炒めていきましょう。
4. ひき肉の色が変わったら、おろしにんにく・おろし生姜・小麦粉・カレー粉を加え、粉っぽさがなくなるまで炒めます。
5. 4に材料Bを加え、時々混ぜながら約10分ほど中火で煮込みます。
6. 5にモロヘイヤを加え、約2分ほど中火で煮込んだら塩胡椒で味を整えて完成です。

妊娠中のママだけでなく、美に敏感な女性にも嬉しい効果が期待できる葉酸についてピックアップしました。もちろん、葉酸を含む食材ばかり食べて栄養が偏ってしまうとかえってよくありませんので、ビタミンC・タンパク質などもバランスよく補給するよう心がけましょう。

美容にも良い!? 妊婦の味方「葉酸」を含む食材やおすすめのレシピ

文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ