メディア個別 夏でも油断しないで!夏に体が冷えやすい理由と体を守るための対策 | 注目のボディケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

夏でも油断しないで!夏に体が冷えやすい理由と体を守るための対策

第15回 注目のボディケア情報をまとめてチェック!
日差しが強くなり蒸し暑い日が続く夏ですが、意外と体の「冷え」を感じている女性が多いのだそう。体の冷えは女性にとって大敵とされ、様々なトラブルを引き起こす原因になるとも言われています。夏に体が冷えやすい原因と対策法をチェックしましょう!

夏でも油断禁物!気温が高くても体が冷えやすい理由とは?

夏は気温が高くて蒸し暑いのに、手足は冷たい…と「夏の冷え」にお悩みの方はいませんか?女性の体は脂肪が多く、筋肉が少ないので、構造上体が冷えやすいと言われています。また、筋肉量が少ないため、体温を維持しにくく、体が冷えやすくなってしまうのだとか。

夏は気温が高く、蒸し暑くなるので、「冷え」とは無縁に感じてしまいがちですが、夏でも体は意外と冷えやすい状態で、夏冷えに悩む女性も少なくないのだそう。

室外は暑くても、室内や電車の中は冷房でギンギンに冷えていることが多く、冷たい物を飲んだり食べたりする機会も増え、知らず知らずに体が冷えていることが多いと言われています。また、暑いと汗をかきますが、汗をかいたままにしてしまうことで、体が急に冷えやすくなってしまうのだとか。

さらに、夏の冷えは、以下のようなトラブルを引き起こす原因になると考えられています。

■消化不良
■肩こりや腰痛
■自律神経の乱れ
■疲れやすさ・ダルさ
■自律神経の乱れ など

夏でも油断しないで!夏に体が冷えやすい理由と体を守るための対策

夏にも起こる「冷え」から体を守ろう!

気温が高くなる夏でも油断できない「体の冷え」。少し工夫をするだけで、夏冷えから体を守ることができるので、取り入れてみましょう!

◎羽織るものを持ち歩く
夏は室内や電車内が冷えていることが多いので、寒いと感じたらストールや薄手のカーディガンを羽織れるようにしておきましょう。

◎なるべく冷たいものは食べない・飲まない
気温が高くて暑い夏は、どうしても冷たいものを食べたり飲んだりしたくなってしまいますが、冷たい食べ物や飲み物は体を内側から冷やしてしまいますので、なるべく「常温」のものを口にするようにしてください。

◎「お腹」「足首」「首」を冷やさない
これらの3つの部位は、東洋医学では冷やしてはいけないツボがあると言われています。腹巻きや靴下・ストールなどを活用し、冷えないように心掛けましょう。

◎湯船に浸かる
暑いとどうしてもシャワーで済ましてしまいがちですが、夏でもしっかりと湯船に浸かるようにしてください。ぬるめのお湯で、体の芯から温めてあげるのがオススメですよ。

体の冷えは女性の大敵なので、夏でも油断せずに対策するようにしましょう!

夏でも油断しないで!夏に体が冷えやすい理由と体を守るための対策

文・Erin
文・Erin
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ