メディア個別 じつは面倒?子どもの夏休み、ママたちの本音は? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

じつは面倒?子どもの夏休み、ママたちの本音は?

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
海に、花火に、お祭りに。子どもたちにとっては、夏休みは最高の40日間。しかし、ママたちにとっては…? 普段は子どもたちが学校に行っている間は、いわばママたちの自由時間。夏休み中は、家事に加え、子どもたちのお世話もしなければならず、ちょっと大変ですよね。世間のママたちは、子どもの夏休みについて、どう思っているのでしょうか?

じつは面倒?子どもの夏休み、ママたちの本音は?

●ママたちの夏休みの悩みは?

2014年にアクサダイレクト生命保険株式会社が行った、「小学生の夏休みの過ごし方」調査(有効回答:624名)があります。これによると、働くママと専業ママでは、悩みのタネが違う様子。それぞれ、見ていきましょう。

□働くママの場合(複数回答)
1位:昼食を用意しなければならない(68.4%)
2位:子どもを遊びに連れて行ってあげられない(54.4%)
3位:費用がかかる(39.5%)
4位:自分の時間が持てない(32.1%)
5位:自分のしたいことが出来ない(23.7%)

働くママたちは、子どもの夏休み中も仕事があるため、「子どもとの時間がない」と悩むママが多いようです。また、子どもが家で留守番する機会が増え、子どもの安全面も心配ですよね…。

●専業ママたちの悩みとは?

一方、専業主婦のママたちは、どんなことで悩んでいるのでしょうか? 

□専業ママの場合(複数回答)
1位:昼食を用意しなければならない(80.1%)
2位:自分の時間が持てない(53.8%)
3位:自分のしたいことができない(49.7%)
4位:費用がかかる/かかりそう(45.8%)
5位:子どもを遊びに連れて行ってあげられない(19.9%)

働くママたちとは、まったくの反対。子どもが家にいる時間が増えることで、自分の自由時間が減ってしまうと危惧する声が多い印象。普段は、自分のペースでやっていることも、子どもが中心になってしまう。たしかに、自分のペースを乱されるのは、気持ちのいいことではありませんよね。ストレスに感じてしまうのも、無理はないのかも?

●どのママも昼食がネックに…

本調査では、全体で75.6%ものママが「昼食の用意をしなければならない」という項目を選んでいます。学校がある時は、子どもたちは給食がありますが、夏休みにはママが用意しなければいけません。自分ひとりなら適当でもいいかもしれませんが、子どもの分も一緒になると、そうもいきませんよね。

また、働いているママたちは、出勤前の忙しい時間に昼食を用意する必要があります。しかもそれが、およそ40日間も続く…。ただ昼食を用意するだけでも、家事や育児、さらに仕事までこなすママたちにとっては、大きな負担かもしれませんね。

子どもの夏休みに対して、ママたちのさまざまな意見があるようですが、子どもたちにとっては待ちに待った夏休みです。時には、少し手を抜いて、子どもたちと一緒にはしゃぐ日があってもいいと思いますよ。たくさんの思い出ができるといいですね。
(文・明日陽樹/考務店)

思い出いっぱいの楽しい夏休みに!

レモン電池を作ろう (自由研究おたすけキット)
レモン電池を作ろう (自由研究おたすけキット)
学研プラス (編集)
1,296円
レモンなどの果物を使って電池を作る。自由研究の参考にぜひ!
レモンなどの果物を使って電池を作る。自由研究の参考にぜひ!
はじめてだらけの夏休み 大人になりたいぼくと、子どもでいたいお父さん (祥伝社文庫)
はじめてだらけの夏休み 大人になりたいぼくと、子どもでいたいお父さん (祥伝社文庫)
唯野 未歩子 (著)
594円
普段、めったに家にいない父と息子の、ひと夏の物語。
普段、めったに家にいない父と息子の、ひと夏の物語。
ジンブン系自由研究アイディア51
ジンブン系自由研究アイディア51
福井 直秀 (著)
1,944円
自由研究のアイディア満載!調べてまとめる力が身につく!
自由研究のアイディア満載!調べてまとめる力が身につく!

あなたにおすすめ