メディア個別 泣いて寝るだけ。生後間もない赤ちゃんにどう接すればいい? | ベビーカレンダー | ママテナ
泣いて寝るだけ。生後間もない赤ちゃんにどう接すればいい?

泣いて寝るだけ。生後間もない赤ちゃんにどう接すればいい?

この記事では、保育士であり、離乳食インストラクターの中田馨さんが新生児の赤ちゃんとの接し方についてお話しします。まずは赤ちゃんの発達について知って、赤ちゃんがご機嫌なときに「〇〇ちゃん」「ママよ」など、どんどん話しかけてあげるといいそうです。

こんにちは。保育士の中田 馨です。赤ちゃんが生まれて幸せな時間のはずなのに、泣いて寝るばかりの赤ちゃん。赤ちゃんが起きているときは「相手をしなくちゃいけない」と思うけれど、意味のある言葉を発するわけではなく、会話が成立しない赤ちゃんにどう接すればいいかわからない。今日は、そんな新米ママへ赤ちゃんの接し方を紹介します。

生後間もない赤ちゃんの発達

生後間もない新生児の赤ちゃんは、当然のことながら首がすわっておらず、自分で動くことができません。視力は近いものがぼんやりと見えるくらい。耳はしっかりと聞こえています。


「おしっこが出たよ」「おなか空いたよ」「眠たいよ」など、泣いて自分の不快な気持ちや欲求を訴えます。

新生児の赤ちゃんとおしゃべりしよう

そんな、まだまだ未発達な赤ちゃんにも話しかけてあげましょう。


一日の生活のシーンごとや、赤ちゃんのご機嫌な時間に始めてみるといいですね。余裕があるときは抱っこをしてママが赤ちゃんに話しかけてみましょう。「〇〇ちゃん」「ママよ」「かわいいね」「ご機嫌ね」などなど、楽しい声かけをしてみましょう。


赤ちゃんはきっとママのほうをじっと見つめていると思います。話しかけることを日々続けていると、赤ちゃんも声を出し始めます。そんなときは、赤ちゃんの発する声色に合わせてママも声を出してみるといいですよ。「あー」とか「んぐー」とか一緒に言い合ってみましょうね。だんだん、ママと赤ちゃんの声のかけ合いができるようになってきます。

関連記事:

ピックアップ

「どうして…」初めての妊娠と流産。つらかった、周囲からの何気ないひと言
「赤ちゃんに問題があったの?」術後の苦しみを支えた、父の一言に「ありがとう」 #38
ママの教えを守る娘が尊い!丁寧な言葉遣いと手を添える姿が愛おしすぎる
「おなか苦しい…」が解消!毎日食べているおいしい救世主は…?!#15