メディア個別 『ゲーム・オブ・スローンズ』の出演者らがエミー賞に自己推薦!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『ゲーム・オブ・スローンズ』の出演者らがエミー賞に自己推薦!?

第328回 海外スターの最新ニュース

アルフィー・アレンやグェンドリン・クリスティー、カリス・ファン・ハウテンはエミー賞のノミネートに向けて自分自身で応募したという。『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演していた3人は、225ドル(約2万5000円)のエントリー費を支払い応募した結果、3人ともノミネートされるに至ったようだ。

ザ・ハリウッド・レポーターによると、同ドラマを放送していたHBOはシオン・グレイジョイ役のアルフィーやタースのブライエニー役のグェンドリン、メリサンドル役のカリスは候補者に申請しなかったことを明言しているという。

アルフィーは共演者のニコライ・コスター=ワルドーとピーター・ディンクレイジと共にドラマ部門助演男優賞、グェンドリンは同じく仲間のメイジー・ウィリアムズとレナ・ヘディと同助演女優賞、カリスは同ゲスト女優賞でそれぞれ候補者として残った。

他にもジョン・スノウ役のキット・ハリントンが同主演男優賞、エミリア・クラークが同女優賞と『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャスト陣が目覚ましい躍進を見せている。

今年5月に8年に渡る物語の完結を迎えた同ドラマは、今年度のエミー賞で歴代最多となる32ノミネートを果たしている。

あなたにおすすめ

ピックアップ