メディア個別 『ウォーキング・デッド』、ニーガンのスピンオフコミックを制作か? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『ウォーキング・デッド』、ニーガンのスピンオフコミックを制作か?

第335回 海外スターの最新ニュース

『ウォーキング・デッド』のニーガンを題材にしたスピンオフコミックが制作されるかもしれない。今月の第193号で完結した原作コミックで、テレビドラマでジェフリー・ディーン・モーガンが演じたニーガンの生存が明かされたが、原作者のロバート・カークマンは新作コミックの可能性を示唆している。

カークマンはサンディエゴでのコミコンでこう語っている。「ニーガンは生きている。ちょっとしたクールな話だよね。彼はまだ生きていて、理論的には農家で生存している。だから語られるべき物語があるかもしれない」「もし僕のキャリアが急降下するなら、脱出用ハッチになる可能性がある。僕が42歳になったら、ニーガンのコミックを展開するかも。でも、まだその予定はないけど、選択肢としてはあるんだ」

原作コミックは結末を迎る中、テレビドラマのシーズン9ではアンドリュー・リンカーン演じるリック・グライムズによってニーガンは幽閉されていた。

一方でドラマ版でショーランナーを務めるアンジェラ・カンは、ニーガンについて「彼は檻の中で1年中過ごすことになりましたので、彼によるジュディスの救出劇の後、医務室のベッドに寝かされた時、縛り付けたり、手錠を掛けたりされていなかったことにお気づきかもしれません。なので、ニーガンの次の出番を考えているところです。ニーガンの登場を望んでいる人たちにとって満足のいく結果になると思います」と『エンターテイメント・トゥナイト』に話している。

あなたにおすすめ

ピックアップ