メディア個別 メイクで「ほうれい線」をカバー!メイクポイントをチェックしよう | 注目のメイクコスメ情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

メイクで「ほうれい線」をカバー!メイクポイントをチェックしよう

第11回 注目のメイクコスメ情報をまとめてチェック!
口元にできてしまうと、実年齢よりも老けた印象になってしまう「ほうれい線」。メイクが崩れたりヨレたりしてくると、ほうれい線に入って目立ってしまい、とても厄介ですよね。ほうれい線を目立たせないためのメイクポイントをチェックしましょう!

厄介な「ほうれい線」。メイク前にまずは下準備を!

口元にあるだけで、見た目年齢を大きく左右してしまう「ほうれい線」。加齢や乾燥・紫外線・肌のたるみなど、ほうれい線ができてしまう原因は色々とありますが、一度できてしまうとすぐに薄くするのは難しいと言われています。

しかし、メイク方法を工夫することで、ほうれい線を目立ちにくくすることはできるのだそう!まずは、メイク前の下準備をすることが大切です。

ほうれい線ができる原因の一つに「乾燥」がありますので、メイクをする前に肌をしっかりと保湿してあげましょう。化粧水を顔全体にまんべんなく馴染ませた後に、ハンドプレスをしてしっかりと水分を閉じ込めるとより効果的なのだとか。ベースメイクをする前に行うことで、メイクのノリも良くなると考えられています。

メイクで「ほうれい線」をカバー!メイクポイントをチェックしよう

「ほうれい線」を目立ちにくくする!メイクのポイント

厄介な「ほうれい線」を目立ちにくくする、メイクのポイントをご紹介します!

◎パウダーよりもリキッドファンデーション
パウダーファンデーションよりもリキッドファンデーションの方が保湿力が高く、ツヤ感のある仕上がりになると言われています。そのため、光を反射しやすく、光の反射でほうれい線が目立ちにくくなるのだとか。

◎ベースメイクは均一に薄く塗る
メイクは重ねるほど崩れやすくなり、ヨレやすくなるので、ほうれい線が目立ちやすくなるとされています。化粧下地やファンデーションといったベースメイクは、厚く重ねるのではなく、均一に薄く塗るようにしましょう。あえて、ほうれい線には塗らないようにするのも良いのだそう!

◎リキッドコンシーラーを活用
自分の肌よりも少し明るいリキッドコンシーラーを活用することで、光の反射を利用して、ほうれい線をカバーすることができるそう。ほうれい線をクロスするようにコンシーラーをのせ、口元から頬に向かってぼかしてください。

いかがでしたか?気になるほうれい線はメイクでしっかりカバーして、若々しい美肌で一日をスタートしましょう!

メイクで「ほうれい線」をカバー!メイクポイントをチェックしよう

文・Erin
文・Erin
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。
大学卒業後、大手金融機関へ就職。現在は美容ライターとして活動中。 趣味は、美容・ヨガ・旅行・お料理・食べること。トレンド情報を集めるのが大好き。 オトナ女子のみなさまに様々な情報を発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ