メディア個別 トム・クルーズ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラッド・ピットの役をオファーされていた!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

トム・クルーズ、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラッド・ピットの役をオファーされていた!?

第350回 海外スターの最新ニュース

トム・クルーズがクエンティン・タランティーノ監督最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でブラッド・ピットが演じている役をオファーされていたようだ。スタントマンのクリフ・ブース役に向けて実際にトムに話を持ち掛けていたことをタランティーノ自らが明かした。

ジョシュ・ホロウィッツのポッドキャスト『ハッピー・サッド・コンフューズド』に出演した際、その当時についてタランティーノはこう語っている。「その話はしたんだ。トムは素晴らしい男だし、すごく気も合った。一緒の仕事はまた別の機会であるかもしれないね」

その一方で、ブラッドとレオナルド・ディカプリオの初共演が実現したことには大感激しているそうで、「みんなから『ずっとこの2人を予定してたの?』と聞かれ、僕は『まぁ、この時代の一大キャスティングだよな』と答えていたもんだ。期待はできない。2人とも反応を示して、それぞれの役を演じたいと思ってもらう必要があるし、スケジュールも空いてなければならないからね。色々な条件があるだろ」「実際のところ、僕は現実的に約8組の俳優たちを候補に挙げてた。でも実現できたのはその中の第一希望だったというわけ」と語っている。

この新作の中はディカプリオが落ち目のハリウッドスター、リック・ダルトン、そしてブラッドがそのスタントダブル兼友人のクリフ役を演じている。

そんな中、ブラッドは先日、ディカプリオとの共演がこれまでなかったのは、ディカプリオから接近禁止令を出されていたからだと冗談を飛ばしていた。「彼はすごく良いヤツだ。接近禁止令が解除されてすごく嬉しいよ。一緒に仕事ができるようになったからね。共通の知り合いはたくさんいるし、彼のテイストはとても好きだからね。この仕事が回ってきて本当に嬉しいよ」

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』にはほかにもマーゴット・ロビー、アル・パチーノ、ティモシー・オリファント、オースティン・バトラー、ダコタ・ファニング、カート・ラッセル、そして故ルーク・ペリーらが出演している。

あなたにおすすめ

ピックアップ