メディア個別 毎晩が恐怖!妊娠中に襲われた「こむら返り」との戦い【ママの体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
毎晩が恐怖!妊娠中に襲われた「こむら返り」との戦い【ママの体験談】

毎晩が恐怖!妊娠中に襲われた「こむら返り」との戦い【ママの体験談】

妊娠中になりやすいと言われる「こむら返り」。原因として考えられる運動不足や水分不足にならないように気をつけ、お風呂あがりにアロマオイルでふくらはぎと足首をマッサージしてこむら返り対策をしたママの体験談です。

妊娠30週を過ぎたころから、寝ている間にこむら返りに襲われるようになりました。痛くてたまらないし、足がつることでおなかに力が入って張ってしまうので、なんとか防ぎたくて毎日奮闘しました。今回はあらゆる対策をとったことでこむら返りになりにくくなった話をお伝えします。

初めてのこむら返り

私はそれまでこむら返りを体験したことがありませんでした。ある晩、右足のふくらはぎがキューッとなったかと思うと激痛が襲ってきたので、びっくりして隣で寝ていたパパに助けを求めました。パパはすぐにこむら返りだとわかり、私の足指を上下に曲げながらマッサージしてくれました。


そのマッサージのおかげか、しばらくすると足の痛みはなくなりました。しかし、おなかにも力が入ったのかおなかが張ってしまい、しばらく動くことができませんでした。

原因は何? 対策してもこむら返りに…

妊婦は体重増加のため、運動不足や水分不足でこむら返りになりやすいと義母から聞き、対策をとることに。まず運動不足にならないように日中に散歩をしたり、ふくらはぎを伸ばす運動をしたり、水分をこまめにとるようにしました。


少しでも原因になりそうなことには気をつけて対策をしていたのですが、毎晩といっていいほどこむら返りに襲われました。あるときは、足に少し力が入っただけでもキューッと痛くなるほどでした。


「こむら返りがきたら、足の力を抜いて、手で足先を上に曲げたら痛みが和らぐ」とパパに教わりました。しかし、おなかが大きくて足に手が届かず、対処しようとするとおなかも張ってしまうので、自分ではどうすることもできず…⋯。結局こむら返りになるたびにパパを起こし、足をマッサージしてもらっていました。

関連記事:

ピックアップ

「どうして…」初めての妊娠と流産。つらかった、周囲からの何気ないひと言
「赤ちゃんに問題があったの?」術後の苦しみを支えた、父の一言に「ありがとう」 #38
ママの教えを守る娘が尊い!丁寧な言葉遣いと手を添える姿が愛おしすぎる
「おなか苦しい…」が解消!毎日食べているおいしい救世主は…?!#15