メディア個別 アンドリュー・リンカーン、ナオミ・ワッツと共演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

アンドリュー・リンカーン、ナオミ・ワッツと共演へ

第357回 海外スターの最新ニュース

アンドリュー・リンカーンが『ペンギン・ブルーム』のキャスト陣に加わった。『ウォーキング・デッド』で知られるアンドリューは、ブラッドリー・トレバー・グリーヴの著作『ペンギンが教えてくれたこと ある一家を救った世界一愛情ぶかい鳥の話』を基にした本作で、ナオミ・ワッツらと共演することになる。

同作では、豪シドニーに住む3児の母親サム・ブルームの姿を描く。サムはある日事故で胸から下が麻痺してしまう。障害と闘いながら家族の生活を維持しようと苦悩する彼女を支えたのは、ペンギンと名付けられた同じく傷を負ったカササギフエガラスの存在だった。

アンドリューは本作で、写真を通して家族とペンギンの関係を記録するサムの夫でカメラマンのキャメロン・ブルームを演じる。またナオミはブルナ・パパンドレアや豪在住のプロデューサーのエマ・クーパーと共に製作も手掛ける。

来月オーストラリアで撮影が始まる予定の『ペンギン・ブルーム』では、グレンディン・イヴィンが監督、ショーン・グラントとハリー・クリプスが脚本をそれぞれ担当する。

一方で以前には、キャメロン本人はヒュー・ジャックマンに自身の役を演じて欲しいと明かしていた。

あなたにおすすめ

ピックアップ