メディア個別 暑い夏にも最適!冷やしおにぎりダイエットのやり方をご紹介 | 注目のダイエット情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

暑い夏にも最適!冷やしおにぎりダイエットのやり方をご紹介

第17回 注目のダイエット情報をまとめてチェック!
炭水化物はダイエットの大敵…とわかってはいるものの、暑い夏の季節は冷たくて美味しいそうめんや冷やし中華といった炭水化物を含むメニューを食べたくなってしまうもの。そんな時は「冷やしおにぎりダイエット」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

冷やしおにぎりダイエットとは?

冷やしおにぎりダイエットとは、その名称通り冷蔵庫であえて冷やしたおにぎりを食べるという減量法。

白ご飯には炭水化物が多く含まれていますが、パンなどの主食よりも腹持ちが良く、消化吸収率が高いことから実はダイエットに役立つエネルギー源のひとつです。その他、基礎代謝を向上させて痩せやすい体質に改善する必須アミノ酸なども摂取することができます。

同じ白ご飯でもなぜ温かいおにぎりではなく、冷たいものをダイエットに活用するかというと、白ご飯を冷やすことで発生する「レジスタントスターチ」という成分が大きなキーポイントとなります。レジスタントスターチとは食物繊維と似た働きをもつ難消化性デンプンのこと。

胃や小腸で吸収されずにそのまま大腸に届くため、エネルギーになりにくいんだとか。更に冷やすことで咀嚼回数が増えることから満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことにも繋がるそうです。

暑い夏にも最適!冷やしおにぎりダイエットのやり方をご紹介

冷やしおにぎりダイエットのやり方・注意点

冷やしおにぎりダイエットのやり方はとても簡単!冷蔵庫で冷やしたおにぎりを1日に3〜4回に分けて食べるようにしましょう。目安としては朝食に1〜2個、昼食に2〜3個、夕食に1個くらいの量が理想的です。

冷やしおにぎりの具材は基本的にどんなものを取り入れても構いませんが、ツナマヨなど脂質の多いものよりも梅干しやおかかなど低カロリーの食品を選ぶことをおすすめします。冷やしおにぎり以外にもお浸しや具沢山のお味噌汁など、野菜をたっぷり使ったメニューを取り入れると尚良いですね。

〜冷やしおにぎりダイエットの注意点〜
冷やしおにぎりダイエットを実践する期間は、1〜3週間以内にしましょう。この期間中はパンやパスタなどの小麦粉製品・糖質の高い果物・スナック菓子・アルコールは控えてください。

もし、「自分で作るのが面倒」「時間がない」という場合は、冷蔵コーナーに並ぶ冷えたおにぎりを購入すればすぐにスタートすることが可能です。まずは気軽な気持ちで冷やしおにぎりダイエットを試してみてはいかがでしょうか?

暑い夏にも最適!冷やしおにぎりダイエットのやり方をご紹介

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ