メディア個別 毎日夫婦生活をするのは異常?毎日求められる4つの理由 | 離婚弁護士ナビ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

毎日夫婦生活をするのは異常?毎日求められる4つの理由

第15回 離婚弁護士ナビ
毎日夫婦生活を求められると「異常なのではないか?」などと不安を感じてしまう人も少なくないでしょう。周囲に相談しにくいことでもありますのでさらに不安になってしますよね。この記事では、一般的な夫婦生活の頻度や毎日求められる4つの理由について紹介します。

毎日夫婦生活を求められると「自分たちは異常なのではないか?」などと不安を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

 

特に、年齢的に若いとはいえない場合、「この年齢でこの頻度は普通なのか?」などと周囲の夫婦生活事情が気になるところですよね。

 

夫婦生活については、どんなに仲がよい友人や親でも相談しにくいものです。この記事では、「普通の夫婦はどのくらいするのか?」、「こんなに求められるのはなぜか?」などの疑問について解説します。

 

 

夫婦生活が毎日あるのは異常?

夫婦生活が毎日あることは異常ではありません。しかし、最近ではセックスレスが話題になっているため、珍しいと感じる人が多いかもしれません。

 

ここでは、一般的な夫婦生活についてご紹介します。

 

■一般的な夫婦生活の頻度

『日経DUAL』が行ったアンケート調査では、夫婦生活の頻度について以下のような結果になりました。なお回答者は、女性149人、男性51人で、平均年齢は39.8歳になります。

 

(参考:日経DUAL)

 

『数年以上していない夫婦』が最も多いのが現状です。また、週に2回以上の夫婦は全体の8.5%しかいません。そのため、毎日夫婦生活があることは珍しいといえるでしょう。

 

■夫婦生活の理想の頻度

一般的な理想の頻度としては以下のようになっています。なお、アンケートの回答者は『一般的な夫婦生活の頻度』の円グラフと同じです。

 

(参考:日経DUAL)

 

多くの人が、週に1回を希望しているのがわかります。また週に2回以上を希望している人は全体の13%で3番目に低い割合となっております。多くの夫婦は、実は夫婦生活に対し積極的ではなかったのかもしれません。

 

とはいえ、「夫婦生活は毎日したい」と考えている人もいます。

 

まーさん的には夫婦になったら毎日セックスは当たり前なので同じ価値観の人と結婚しなければならない

— まー (@makun645) 2018年2月23日

夜の夫婦生活について できれば毎日したいほど30代になり性欲が増しています。妻としたいと思う毎日です。(引用:夜の夫婦生活について |Yahoo!知恵袋)

 

このように、個人の性欲や体力によって変わってきます。夫婦で納得しているのであれば毎日夫婦生活があっても問題ありません。

 

 

毎日夫婦生活がある理由として考えられる4つのこと

毎日相手に求められることには主に4つの理由があると考えられます。

 

■1:夫(妻)を愛しているから

愛情がない相手とすることもできますが、やはり毎日となると相手に愛情がないとできないでしょう。特に、1日仕事をして疲れているのに、さらに疲れることをするのには体力と気力が必要です。

 

ただし、体力的な問題もあります。毎日求められないからといって、愛されていないということではありません。

 

■2:性欲が強いから

性欲には個人差があります。また、年齢によっても変わってきますので、相手の性欲がかなり強い場合は毎日求められることもあるでしょう。

 

相手が若い場合など、毎日求めてくる可能性が高いかもしれません。

 

■3:習慣になっているから

習慣になってしまったため、しないと落ち着かないということもあるでしょう。また、『求める=愛情がある』と考えている人は、求めることが一種の義務になっているかもしれません。

 

求められなくても愛情を感じていることを伝えると、回数が落ち着くこともあるでしょう。

 

■4:子供が欲しいから

『妊娠』を目的としているからこそ毎日求めてくるのかもしれません。お互いに子供が欲しいと思っている場合はよいのですが、一方が子供を希望していないのであれば注意が必要です。

 

毎日夫婦生活があるのであれば、子供についても一度話し合っておいた方がよいかもしれません。

 

 

毎日夫婦生活がある場合に気をつけること

毎日夫婦生活があることは悪いことではありませんが、以下のようなことに気をつけましょう。

 

■相手に行為を強要しない

体調や気分によっては、したくないと感じることもあるでしょう。そのため、行為を始める前に相手の体調に気を配ることが大切です。

 

自分の欲求ばかり押しつけてしまうと、愛情が冷めてしまったりセックスが嫌いになってしまったりするかもしれません。

 

また、拒否しているのにもかかわらず、無理強いするのは性的DVに該当し、離婚や慰謝料請求の原因になります。

 

■マンネリ化に気を付ける

愛情がずっと続き、お互いが「この人以外とはセックスできない!」となればよいのですが、途中でマンネリ化してしまい、セックスレスや浮気に走ってしまう可能性があります。

 

これからもずっと夫婦生活を続けるためには、場所や内容を工夫しましょう。お互いにどのようなことをしたいかについて話し合うのもよいでしょう。

 

また、あえて毎日せず我慢するのもマンネリ化を防ぐひとつの方法です。

 

まとめ|セックスレスになるより毎日ある方がよい!

夫婦生活は夫婦間のコミュニケーションでもあり、円満な夫婦関係や夫婦の信頼を築いていくために必要なものになります。

 

夫婦関係がなくなってしまうと不倫や離婚に発展する可能性も十分に考えられますので、ないよりは毎日ある方がよいといえるでしょう。

 

円満な夫婦関係を築き歳を取っても夫婦生活を持続させることで、熟年離婚の防止につながります。

 

【関連記事】
▶夫婦生活はいつまで?50代からの性事情と拒否するリスク

出典一覧

・日経DUAL

配信元

離婚弁護士ナビ
離婚弁護士ナビとは、離婚問題が得意な弁護士を探して相談できるサイトです。
離婚弁護士ナビとは、離婚問題が得意な弁護士を探して相談できるサイトです。

あなたにおすすめ

ピックアップ