メディア個別 猛暑日の車内は危険!“熱駐症”に要注意! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

猛暑日の車内は危険!“熱駐症”に要注意!
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

先日、保育園に送迎するはずの子どもを、車内に置いていき、死亡する事故が発生しました。これまでにも、車内に放置された子どもが死亡する事故は、注目されてきましたが、夏の車内は想像以上に危険なようです。猛暑日の車内を再現した、ある実験動画が話題になっています。

猛暑日の車内は危険!“熱駐症”に要注意!
 

●気温35度の車内温度は?

この実験は、気温が35度という設定で行われました。実験開始からおよそ30分。なんと、車内に置いてあった炭酸飲料(ペットボトル)のキャップが勝手に開き、ストローからカフェオレが噴き出し始めます。

さらに実験は進み、1時間経過。車内の温度は、およそ45度まで上昇。飴は溶け、缶ジュースは破裂…。想像以上に車内温度が高くなっているようです。

●チャイルドシートは危険!

子連れパパ・ママの必須アイテム、チャイルドシート。車内に設置したままの家庭は多いのではないでしょうか? 実験開始から1時間半で、車内温度は57.4度に達しています。また、チャイルドシートは黒い生地で作られていることも少なくありません。ご存知の通り、黒は日光をよく吸収する色です。車内でも、とくに温度が高くなっている可能性が高いようなので、やけどのおそれもあるといいます。

車内温度、チャイルドシートの温度が高まっているなか、小さい子どもがたったひとりで、チャイルドシートに座ったまま置き去りにされてしまったら…。想像するだけでも、恐ろしいですね。

●“ちょっとだけ”の油断が命取り!

子どもを連れて用事を済ませるのは、なかなか大変なことが多いです。“ちょっとだけ”と思って、子どもだけを車に残していくパパやママは少なくないのでは? 「エアコンをつけてあるから」「鍵はあけてあるから」。それが必ずしも安全とは限りません。小さい子どもがイタズラして、鍵を自分で閉めてしまったり、バッテリーがあがってエアコンが切れたり。十分に考えられることではないでしょうか。

実際に、ロードサービスが鍵の閉じ込み事故で出動した際、子どもが車内に取り残されていることは珍しくないといいます。少しの気のゆるみや油断が、取り返しのつかない結果を招くこともあることを理解し、今後、悲しい事故が少しでも減っていけばと願わずにはいられません。
(文・明日陽樹/考務店)


>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP