メディア個別 1位はやっぱり“あれ”!お盆に帰省する目的ランキング | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

1位はやっぱり“あれ”!お盆に帰省する目的ランキング

第4420回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
8月13~16日は「お盆」。2019年は、GWの10連休が話題になりましたが、土日や振替休日が重なり、カレンダー通りに休むことができれば、お盆休みも8月10~18日までの9連休になる人もいるとか。そんな大型連休には実家へ帰省する人が多いものですが、今回はとあるアンケート調査を参考に、「お盆の帰省」事情について探っていきます。

お盆の帰省、理由は?

2019年7月29日(月)、ソニー損保保険株式会社が、「2019年 お盆の帰省に関する調査」(有効回答数:1000)を発表しました。これによると、お盆に帰省する目的はさまざまなようです。

■今年のお盆の帰省目的(TOP5)

もっとも多くの票を得たのが、41.8%が回答した「お墓参りに行く」でした。お盆=祖先の霊を祀る行事とあって、やはりお墓参り目的での帰省が多いようです。

2位にランクインしたのは、「親の様子を見に行く」で34.5%。筆者も親元を離れ一人暮らしを始めて長いですが、たまに連絡を取る程度で、直接会うことも減っていくことを実感しています。お盆など、何かきっかけがないとなかなか帰省するタイミングがないので、年に数回あるかないかの貴重な機会なのかもしれませんね。

続く3位は、「のんびりする」で31.9%。これは“帰省あるある”ではないでしょうか? 「親に甘える」とは少し違うのだけれど、普段なら自分でしていることでも周りの人たちが動いてくれて、筆者自身、のんびりせざるを得ないと感じています。のんびりできるというよりも、むしろ手持無沙汰になるほどで、普段の忙しさなんかも忘れられてリフレッシュできるんですよね…。きっとこれは共感してくれる人が多いはず!?

1位「お墓参りに行く」、2位「親の様子を見に行く」は、20代~50代までゆるやかに数値が上がっていくのですが、3位の「のんびりする」については、反対に20代がもっとも多く、50代が少ない結果となり、世代間のギャップやそれぞれの特徴がみられるのは面白いところ。ほかにも色んな調査結果があるので、のぞいてみてはいかがでしょうか?
(文・明日陽樹/TOMOLO)

あなたにおすすめ

ピックアップ