メディア個別 ギレルモ・デル・トロ、ハリウッドの殿堂入りへ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ギレルモ・デル・トロ、ハリウッドの殿堂入りへ

第376回 海外スターの最新ニュース

ギレルモ・デル・トロがハリウッド・ウォーク・オブ・フェイムにその名を刻む。ハリウッド商工会議所は今月6日、映画分野へ貢献してきたデル・トロの殿堂入り式典を執り行うと発表した。

同商工会議所のアナ・マルティネス氏はこう声明を発表している。「ギレルモ・デル・トロは、最も創作性に満ち、はつらつとした想像力を兼ね揃えた監督の1人です。ファンタジー分野において観客を魅了し、驚かせるような脈動を持っています。ハリウッド商工会議所は、彼の歴史的な映画による功績を称えられることを光栄に感じています!」

この式典には、「スター・ウォーズ」シリーズのJ・J・エイブラムスやラナ・デル・レイをはじめ、同商工会議所の所長兼CEOであるラナ・ガドバンらが列席する。

特殊効果のメイクアップアーティストとしてキャリアを始めた後、自身の脚本による1993年作『クロノス』で監督デビューを飾ったデル・トロは、同作がカンヌ国際映画祭でメルセデスベンツ・アワードを受賞したのをはじめ、20以上の国際的な賞や、メキシコ映画芸術アカデミーから監督賞や脚本賞、特別金賞など8つのアリエル賞が贈られた。

その後『ブレイド2』や『ヘルボーイ』といったコミックを原作とした作品のほか、アカデミー脚本賞を受賞した2006年作『パンズ・ラビリンス』などでメガホンを取り、2017年には人間のようなアマゾンの怪物に恋する発話障害を抱えた女性を描いた『シェイプ・オブ・ウォーター』を監督、アカデミー賞13部門ノミネート中、作品賞や監督賞などをはじめ4部門に輝いている。

あなたにおすすめ

ピックアップ