メディア個別 リース・ウィザースプーン、新作映画でサイモン・キンバーグとタッグ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

リース・ウィザースプーン、新作映画でサイモン・キンバーグとタッグ

第380回 海外スターの最新ニュース

リース・ウィザースプーンが新作『パイロス』で主演兼製作を務める。ザ・ニューヨーカー誌に掲載されたトーマス・ピアスによる短編小説『ターディ・マン』を原作としたSF新作で、『X-MEN: ダーク・フェニックス』の監督兼脚本家を務めたサイモン・キンバーグとリースがタッグを組むことになる。

原作では、保険会社に雇われ、特殊な防護服に身を包み山火事の中などの危険地域から裕福な顧客の所有物を取り戻すことを仕事としているウィックが、たとえ人間の命に危険が及んでいても任務遂行が最優先とするルールに背くことを決意する姿が描かれている。

女性により作られた、または女性のための作品をテレビや映画、デジタルコンテンツ向けに製作することを目的とした自身のハロー・サンシャインを通じてプロデューサーを務めるリースは、同社について先日、こう語っていた。「私は女性たちの物語を真実味とユーモアを持って伝えることに長年情熱を傾けてきました。この提携により、より女性中心の作品を求める幅広い観衆に届けることが出来るようになるのです。ハロー・サンシャインは映画館や自宅、携帯端末とどこであろうと女性が時間を過ごすところに作品を届けることを根本の目的としています。女性たちは自分たちが価値を見出すような内容の娯楽を求めています。ハロー・サンシャインは娯楽、教育、女性を団結させるようなコンテンツを作っていくつもりです」

あなたにおすすめ

ピックアップ