メディア個別 【アンケート】子どものインターネット利用は「1時間以内」が主流!? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【アンケート】子どものインターネット利用は「1時間以内」が主流!?

第4446回 今日のこれ注目!ママテナピックアップ
今や、スマートフォンを持っていて当たり前の時代。子どもが泣き止まないときに動画を見せたり、スマホゲームをさせたりすることも珍しいことではなくなったからか、小学生くらいの子どもでもサッと操作できているのを見ると、時代の流れを感じますよね。しかし一方で、インターネットを介した事件なども頻発しており、親としては心配なもの…。そこで今回は、子どものインターネット利用の現状について、あるアンケート調査を用いて探っていきます。

80%以上がネットを利用できる環境に

2019年8月1日(木)、児童見守りサービス「みもり」などを運営するドリームエリア株式会社が、「『子どものインターネット環境』に関するアンケート調査」(有効回答数:2万2697名)を公表。これによると、かなり多くの家庭で、子どもがインターネットに接続できる環境にあることがわかります。

Q.お子さまにスマートフォンやパソコン、ゲーム機(インターネット接続可)など、インターネットに接続できる環境を与えていますか?

48%の「スマートフォン」、40%の「ゲーム機」、36%の「タブレット」が、TOP3という結果に。複数回答形式のため、たとえばスマートフォン&ゲーム機など複数所有していることも考えられますが、「与えていない」はわずか18%なので、82%もの家庭で、“子どもにインターネットを利用できる環境を与えている”ということになります。

「利用時間」は制限

ただ、いつでも自由に使えるというわけではないようで、ほとんどの家庭ではインターネットを利用する時間を取り決めているよう。

Q.お子さまのインターネット利用時間に取り決めはありますか?

約半数の46%は、「1時間以内」とルールを決めてインターネットの利用を許可しており、上から「2~3時間」(27%)、「4~6時間」(12%)、「6時間以上」(15%)と続いているので、子どもたちがインターネットを利用できる時間は、そこまで長くないようですね。

実際に使ってみるととても便利だし、最近では授業にタブレットを用いるなど、子どもたちもインターネットを利用できるデバイスに慣れ親しんでいるはず。また、共働きの家庭も増えているから、連絡手段のひとつとしても大事な役割を担っています。しかしながら、SNSなどを通じ、未成年が巻き込まれる事件も後を絶ちません。これから子どもにスマートフォンやパソコンを買ってあげる予定などがあれば、参考にしてみてはいかがでしょうか?
(文・明日陽樹/TOMOLO)

あなたにおすすめ

ピックアップ