メディア個別 夫に「性欲を感じない」は夫婦関係見直しのチャンス | 人には聞けない、性欲の悩み | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

夫に「性欲を感じない」は夫婦関係見直しのチャンス

第3回 人には聞けない、性欲の悩み
「性欲を感じなくて困っている」というママにはどんな解決方法があるのか。男女の性や不倫に詳しいライター・亀山早苗さんに聞いた。

「子育てに追われ夫の誘いを断っているうちにセックスレスになり、性欲もなく今さらセックスもしたくない…。それが続くと、寂しくなった夫がほかの女性に走るリスクが高まります。男は案外傷つきやすいので、夫を嫌いでないなら、割り切って3回に1回くらいは応じてもいいかもしれません」(亀山さん 以下同)

そして、無理して応じることが続かないよう、性欲を感じない理由を自分なりに分析してみることが大切だ。

布団に入っている夫婦

●夫の行為に痛みや不快感を覚える

「『夫の愛撫の仕方が痛いけど、言えないまま今に至る』という方は多いです。そんなときは『最近体質が変わったのか、こうする方が気持ち良い気がする』などとやんわり伝えましょう。夫の人格を否定するような伝え方はしないことが大事です。また、潤いが足りないのであれば、ローションを使うのも手です」

●今まで快感を得られなかった

「今までセックスで快感が得られず、長年にわたって性欲がないという女性は意外と多いもの。そのため精神的に『性欲もセックスもない方がラク』と思い込んでいるのかもしれません。それを避けるためにも、日頃からマスターべ―ションをすることで『自分が何をされたら気持ちがよいのか』を知ることは重要です」

●夫に対して信頼がない

「『育児に追われているときにサポートがなかった』『昔浮気をされた』など、夫に対して不信感をもったままでいると、性欲がわかず、セックスを避けてしまうことも。我慢せずに自分の気持ちを夫にぶつけて原因を探ると、夫への信頼感がよみがえり、結果として自然と性欲が戻ってくることもあります」

上記以外にも、夫に思い切って「どうも性欲を感じられないんだけど、どうしたらいいかな?」などと話し合ってみるのも一つの手。ひとりの問題として抱え込まず、夫婦の問題として考えれば精神的な不安が取り除かれ、新たな道がひらけるかもしれない。

「セックス(性欲)とは、映画と同じ。観に行くと面白くて立て続けに行くけれど、遠のけばなんとなくそのままになってしまうもの。良好な夫婦関係を習慣化することで、ごく自然と性欲は出てきやすくなります」

性欲がなくて悩んでいるママは、夫との関係を見直すことから始めてみてはいかがだろうか。
(北東由宇+ノオト)

お話をお聞きした人

亀山早苗
亀山早苗
1960年東京生まれ。 明治大学文学部演劇学専攻卒業後、 雑誌のライターとして、またノンフィクション系の本の取材に飛び回る日々。男女の性や不倫問題に詳しく、著作も多数。
1960年東京生まれ。 明治大学文学部演劇学専攻卒業後、 雑誌のライターとして、またノンフィクション系の本の取材に飛び回る日々。男女の性や不倫問題に詳しく、著作も多数。
人はなぜ不倫をするのか
人はなぜ不倫をするのか
SB新書
864円
人はなぜ不倫をするのか。この問いかけを、生物学的社会学的見地から、第一線で活躍する8名の学者陣にぶつけ分析した一冊。
人はなぜ不倫をするのか。この問いかけを、生物学的社会学的見地から、第一線で活躍する8名の学者陣にぶつけ分析した一冊。
夫の不倫がどうしても許せない女たち
夫の不倫がどうしても許せない女たち
朝日新聞出版
1,404円
夫の不倫に直面したとき、妻たちは、憎しみ、失望と戦う日々を送ることになる。妻の気持ちがわからない男性、愛に苦しむ女性に捧げる。
夫の不倫に直面したとき、妻たちは、憎しみ、失望と戦う日々を送ることになる。妻の気持ちがわからない男性、愛に苦しむ女性に捧げる。
婚外恋愛
婚外恋愛
メディアファクトリー新書
907円
急増する、夫以外と愛し合い、積極的に性を謳歌する妻たち。「婚外恋愛」を楽しむ女性について、女性の目線から徹底的に考察。
急増する、夫以外と愛し合い、積極的に性を謳歌する妻たち。「婚外恋愛」を楽しむ女性について、女性の目線から徹底的に考察。

あなたにおすすめ

ピックアップ