メディア個別 『アメリカン・クライム・ストーリー』の新シリーズ、ビル・クリントン元米大統領の不倫を題材に! | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『アメリカン・クライム・ストーリー』の新シリーズ、ビル・クリントン元米大統領の不倫を題材に!

第396回 海外スターの最新ニュース

『アメリカン・クライム・ストーリー』の新シリーズでは、ビル・クリントン元米大統領のモニカ・ルインスキーとの不倫騒動に焦点が当てられる。ライアン・マーフィーはジェフリー・トゥービンの著作『ア・ヴァスト・コンスピラシー:ザ・リアル・セックス・スキャンダル・ザット・ニアリー・ブロウト・ダウン・ア・プレジデント』を基に『インピーチメント:アメリカン・クライム・ストーリー』の制作に挑むほか、ルインスキー本人にプロデューサーに就任するように説得したという。

ルインスキーはオファーを快諾した理由について、ヴァニティ・フェア誌にこう語っている。「正直に言ってためらいましたし、契約することがかなり怖かったです。でもライアンとの会食を通して、彼の素晴らしい作品の中で社会的に無視された人たちに声をあげる機会を与えるために、どれほど献身的に務めてきたかよく分かりました。彼や彼のチームの才能溢れる人たちと仕事ができるこの機会に感謝しています」「10年以上に渡り、この話における私側の立場が様々な人によって語られてきましたす。実際のところ、私の体験談を完全に明かすことができるようになったのは、20年近く経ったここ数年のことです」「しかし、私のように騙されてきた人たちがやっと声をあげることができる社会に成長したことにとても感謝しています。これは単に私の問題ではありません。男性であることがよくありますが、力を持った人たちは常に、非常に多くの方法でその上下関係の優位性を振りかざすものです。多くの人たちは、そういった理由で、残念ですが、この体験談は時代を越えて語られる物語だと考えることでしょう」

この新シリーズでは、ビーニー・フェルドスタインがルインスキー役、サラ・ポールソンがリンダ・トリップ役、アナリー・アシュフォードがポーラ・ジョーンズ役をそれぞれ演じる予定だが、ビルとヒラリー・クリントン役のキャスティングについてはまだ発表されていない。

『アメリカン・クライム・ストーリー』の第1シーズンではO・J・シンプソンの裁判、前作ではデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチ殺害事件をそれぞれ題材にしていた。

FX局は新シリーズを来年9月に放映することを計画している。

あなたにおすすめ

ピックアップ