メディア個別 【美容レシピ】ベトナム名物「バインミー」で野菜をたっぷり食べよう | 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

【美容レシピ】ベトナム名物「バインミー」で野菜をたっぷり食べよう

第55回 注目のビューティーフード情報をまとめてチェック!
肌や体の健康を維持するために野菜を摂らなければいけない…とわかってはいるものの、サラダを食べたり青汁を飲んだりするのは何だか面倒!と感じている方も多いのでは?そんな時におすすめなのが、美味しくモリモリと野菜が食べられるバインミーというレシピです。

ベトナム名物!バインミーの基本的な作り方

バインミーとは、なますなどの具材を挟んで食べるベトナム名物のサンドイッチのこと!野菜をたっぷり摂りたい時にカフェ気分で楽しく食べられるボリューミーな一品です。

〜バインミーの基本的な作り方(2人分)〜
<材料>
・ソフトフランスパン(コッペパンでもOK) 2本
・マヨネーズ 適量
・レパーベースト(缶詰) お好みの量
・ハム 4枚
・大根 3〜4cm
・にんじん 1/4本
・三つ葉 50g
・レタス 1〜2枚

<調味料A>
・鷹の爪(小口切り) 1/2本
・おろしにんにく(チューブ) 2〜3cm
・ナンプラー 大さじ1
・砂糖 大さじ1/2
・レモン汁、酢 各小さじ1

<作り方>
1. 大根とにんじんは細めの千切りにし、三つ葉は4〜5cmの長さに切りましょう。
2. 大根とにんじんに塩(分量外)を振り10〜15分以上置いたら水洗いし、手でしっかり水気を絞ります。
3. 調味料Aをボウルの中で混ぜ合わせ、大根・にんじん・三つ葉を和えて20分以上冷蔵保存します。
4. ソフトフランスパンは具材が詰めれるよう中心に切り込みを入れ、トースターで3分ほどカリッとなるまで加熱します。
5. 焼けたら内側にマヨネーズ→レバーペーストを塗り、適当な大きさにちぎったレタス・なます・ハムを挟んで完成です。

【美容レシピ】ベトナム名物「バインミー」で野菜をたっぷり食べよう

バインミーのアレンジ方法

バインミーは絶対にこうではいけない!というルールはないため、本場ベトナムでも目玉焼きを入れたり、チーズを追加したりと自由自在にアレンジしているそう。なますだけは欠かせない食材となりますが、例えば下記のような食材などもおすすめです。

〜バインミーのアレンジ方法〜
<豚しゃぶ>
さっと茹でてなますと一緒に漬け込むだけ!できるだけ熱いうちに漬けることで味がより染みやすくなります。

<サバ缶>
缶汁を切り、軽くほぐしてパンに挟みましょう。とっても簡単ですがエスニック感が強い本格的な味わいです。

<つくね>
つくねもバインミーの定番具材のひとつと言われています。時間がないときはスーパーやコンビニで手に入る冷凍つくねを活用してもOK!

いかがでしたか?最近野菜不足だな…と感じている方は是非一度お試しください。

【美容レシピ】ベトナム名物「バインミー」で野菜をたっぷり食べよう

文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。

あなたにおすすめ

ピックアップ