メディア個別 季節の変わり目は“咳ぜんそく”に注意! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

季節の変わり目は“咳ぜんそく”に注意!

今日のこれ注目!ママテナピックアップ
季節の変わり目は、体調を崩すことが多いですよね。とくに、いまの時期は、気温が急激に下がって、その変化にカラダが付いていけない。咳や鼻水が止まらず、悩んでいる人もいるのでは? じつはそれ、ただの風邪ではないかもしれません。

季節の変わり目は“咳ぜんそく”に注意!

●咳が長引くのは“咳ぜんそく”のせい?

季節の変わり目で風邪を引く人は多いですが、いつまで経っても咳だけが止まらない。もしかしたら“咳ぜんそく”かもしれません。

咳ぜんそくは、慢性的に咳が続く気管支の病気のひとつ。気道が狭くなり、咳が止まらなくなるのだそう。おもな原因は、室内外の温度差やストレス、ハウスダスト、たばこ(受動喫煙含む)と言われています。

いまの時期は、風邪との併発が多く、風邪をひいてから2~3週間以上、咳が続く場合は、咳ぜんそくの可能性大。呼吸器科やアレルギー科、耳鼻咽喉科などの受診をオススメします。

●咳ぜんそくがぜんそくに発展!

咳ぜんそくは、一般的なぜんそくの前兆になることもあります。一説には、ぜんそく患者のおよそ3割が、咳ぜんそくがきっかけで発症したという説もあるようです。早めに対処しておくのがベストですが、咳ぜんそくに気づかず、放置してしまう人は少なくないといいます。

なぜ放置してしまうのか、それは、症状が「咳が出る」ということだけだから。ぜんそくの特徴である、ヒューヒュー、ゼェゼェという音がなく、呼吸機能自体は変化がないので、なかなか気づきにくいのだとか。

睡眠時や明け方に咳が出たり、風邪をひいていないのに、長期間、咳止まらなかったりする時には、咳ぜんそくも視野に入れておくと、悪化を抑えられるかもしれませんね。

●予防法は?

咳ぜんそくの予防法は、いたってシンプル。まずは生活習慣を見直すことが大切です。暴飲暴食を控え、栄養バランスを考えた食事を心がけたり、十分な睡眠をとって疲れを残さない。咳ぜんそく以外でも、基本になることかもしれませんが、意外とできていない人が多いので、要注意! こまめに掃除をしてハウスダスト予防、マスク着用や手洗いうがいの徹底で風邪予防なども効果的ですよ。

また、寒暖差が激しいと、気管支に負担がかかるので、マフラーやストール、カーディガンなど、防寒グッズを持ち歩くと◎。

咳ぜんそくは、症状が悪化すると、嘔吐や失神、胸の痛みを伴うこともあるのだそう。規則正しい生活を心がけ、風邪やインフルエンザ同様、きちんと予防しておきたいですね。
(文・明日陽樹/考務店)

のどのケアをしっかりと!

龍角散ののどすっきり飴袋 88g×6袋
龍角散ののどすっきり飴袋 88g×6袋
龍角散
1,425円
のどを使い過ぎた時、のどの乾燥を感じた時、気分をリフレッシュしたい時、ドライブの時、鼻づまりなどの不快時にお薦めです。チャックシールつきの袋入りですので、持ち運びや少し舐めたいときにも便利です。
のどを使い過ぎた時、のどの乾燥を感じた時、気分をリフレッシュしたい時、ドライブの時、鼻づまりなどの不快時にお薦めです。チャックシールつきの袋入りですので、持ち運びや少し舐めたいときにも便利です。
【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL
【第3類医薬品】イソジンうがい薬 120mL
塩野義製薬
748円
イソジンうがい薬は,有効成分ポビドンヨードを含むうがい薬です。口中からのどにすぐれた殺菌・消毒効果があります。
イソジンうがい薬は,有効成分ポビドンヨードを含むうがい薬です。口中からのどにすぐれた殺菌・消毒効果があります。
その咳、大丈夫? ―ぜんそく最新治療と医師の本音―
その咳、大丈夫? ―ぜんそく最新治療と医師の本音―
灰田 美知子 (著)
1,512円
日ごろ何気なくしている咳が、ぜんそくの前兆かもしれない。正しい知識で患者と医師を結ぶ本。
日ごろ何気なくしている咳が、ぜんそくの前兆かもしれない。正しい知識で患者と医師を結ぶ本。

あなたにおすすめ

ピックアップ